借金は今後くる「新型コロナ渦終息後の不景気」前に清算するべき

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言により、在宅ワークや休業する企業が増え、店舗では営業自粛を強いられるなど、日本の経済は間違いなく低迷していると言えます。

休業・営業自粛の影響で低迷する経済

企業は休業や慣れない在宅ワークにより、通常就業よりもパフォーマンスが下がっており、店舗は営業自粛による影響で経営が逼迫(ひっぱく)している状態です。

農業は飲食店の営業自粛により仕入先を失い、外出自粛による影響でタクシーなどの交通機関の利用者が激減し、大量解雇に至るケースも出ています。

アパレル関係は、中国に衣料品製造を頼っている場合が多いため、中国で新型コロナウイルスが流行りだした当初から製品の輸入に影響がでていました。更には営業自粛や個人の外出自粛から、商品が売れないという追い打ちもあり、経営の悪化や倒産に至るという事になります。

景気の悪化は日本だけにとどまらず、今は全世界の経済が低迷・悪化しているため、それに伴って連鎖的に日本の経済も混迷の一途を辿ることになります。

紹介したものは一部分ですが、これだけでも経済状況が良くないことが見て取れると思います。

こうした経済の悪化は、新型コロナウイルス収束後も続くと思われます。新型コロナウイルス蔓延前の日本の経済状況に戻るには、長い時間がかかるでしょう。

借金の清算は早目にした方が良い

現在は新型コロナウイルスの感染拡大に関心が寄りがちになり、自身で店舗や会社を運営していない場合は経済の低迷には目を背けがちになります。
しかし先程も紹介した通り、今後も日本の経済の悪化は長期的に見なければならないということから、今ある借金は早いうちに清算する必要があると言えます。

収入も今まで通り安定するかどうかもわかりませんし、今後リストラの対象となる可能性もないとは言い切れません。たとえ自分が大丈夫だとしても、会社の経営悪化により自身の経済状態が急激に変化する可能性もあります。

このことからも借金は早目に生産した方が良いでしょう。

借金の債務整理

債務整理は支払いまでに猶予をもたせたり、返済額を大幅に減額したり、借金自体を無くしたりすることができる方法です。

債務整理は複数ある手続きの総称で、その種類は以下になります。

  • 任意整理
  • 個人再生(民事再生)
  • 自己破産
  • 特定調停

債務整理って?4種類の違いとメリット、デメリット

債務整理は書類などを準備できれば、自分でできるものもありますが、通常は司法書士や弁護士などの専門家に依頼します。

借金の内容や金額により、できる債務整理は異なりますので、まずは専門家に問い合わせてみましょう。
煩わしい借金を早目に整理して、これからの不況を乗り切りましょう。

 

  • あなたの借金体験買取ります!

今すぐ借金問題を解決したい人はスペシャリストを探す

エリア

オススメの記事