コロナ支援|リボ払いが払えない!クレカ支払いの‟猶予”を利用しよう

クレジットカードを利用した場合、リボ払いや分割払いを選択する方も多いかと思います。
現在新型コロナウイルスの感染拡大により、収入が減少したり、リストラされるなどして経済状況が悪くなる人が増えつつあります。しかしクレジットカードの支払いは、利用者側で手続きをしないかぎり待ってはくれません。

支払いを「待ってもらう」ことはできるか

クレジットカードの支払いを待ってもらうことはできるのでしょうか?
答えは「できる可能性がある」ということになります。

「できる」ではなく「できる可能性がある」と答えたのは、各々のクレジットカード会社の対応によるからです。
しかし現在、同じようにクレジットカードの支払いで困っている人は増加しており、各クレジットカード会社ではその対策に力を入れています。相談してみることで、なんらかの打開策が開ける可能性があります。

クレジットカード会社に支払いの猶予を相談してみる

クレジットカード会社に相談することで、支払いを待ってもらうことが出来る場合があります。

支払い額をゼロにできるわけではありませんが、支払いを遅らせることでお金を工面する時間ができたり、気持ちに余裕ができるでしょう。
クレジットカード会社の相談窓口に電話をし、支払いを待ってもらうことができるかどうか相談してみてください。
電話をした際に以下の項目を聞かれる場合があるので、答えられるようにしておきましょう。

聞かれる項目

  • 現在のクレジットカードの未払い残高
  • 現在の収入
  • 現在の経済状況
  • 今後の返済可能額

主なクレジットカード会社の問い合わせ先は以下になります。

楽天カード0570-66-6910 (受付時間 9:30~17:30/平日)
ヤフー!カード (ワイジェイカード)0570-015971(受付時間 9:30~17:30/平日)
ジャックスカード0120-985-382(受付時間 9:30~17:30/平日)
エポスカード

東京 03-3383-0101

大阪 06-6630-0101
(受付時間(両方共)9時30分~18時)

オリコカード0120-306-182(受付時間 10:00~17:00/平日)

その他のカード会社についても、HPで調べるなどして相談窓口に相談してみましょう。

どうしても払えない場合は「債務整理」

解雇などに逢い、再就職も難しいなど、支払いに猶予をもってもらっても長期的に見て返済は難しいといった場合は「債務整理」を検討しましょう。
債務整理は返済額を減額したりすることができますが、デメリットも多い為、最終的な手段と考えた方が良いでしょう。

>関連記事「新型コロナの影響で「借金が返せない」場合はどうしたらいい?」

しかしどうしても返済が無理だというのであれば、専門家に相談して債務整理を相談してみてください。

まずは相談する事が大切

こちらから相談しなければ、支払いが滞った場合は通常の対応となります。クレジットカードの利用が止められ、信用情報に傷がつくことになりかねません。信用情報に傷がつくことを、一般的にはブラックリストに登録されると言われます。
ブラックリストに登録されると、他のクレジットカードも利用できなくなる場合も有ります。
まずは自分の経済状況を説明し、相談に乗ってもらうことが大切です。
早目に相談することで、解決への打開策は広くなる可能性があり、精神的にも楽になります。

支払いが難しいと感じた場合には、早目にクレジットカード会社に相談するのをお勧めします。

  • あなたの借金体験買取ります!

今すぐ借金問題を解決したい人はスペシャリストを探す

エリア

オススメの記事