リボ払いの返済額を任意整理で400万円→100万円に軽減したサラリーマン

30代の会社員の僕が20代の時に作ったクレジットカードで400万円の借金を作り、弁護士事務所を通じて借金を100万円まで減らした話の続きです。
この記事では具体的にどう借金を解決していったかを書いていきます。

利息が高くて借金が減らない日々

当時の僕はクレジットカードでの買い物とキャッシングで作った借金の合計が約400万円になっても、大半は車やバイクのローンだったので毎月節約して支払いに回せば借金は減らせると楽観視していました。

実際それから毎月のキャッシングを減らしたり、クレジットカードを使わないように気を付けることで貯金残高の減るスピードは若干遅くはなりました。
しかし基本リボ払いなので毎月ローンと合わせて大きな金額が口座から引かれることに変わりは無く、「このペースで一体いつまで返済すればいいんだ」とだんだん不安になっていきました。

しかも付き合っていた彼女にも借金やクレジットカードのことがバレてしまい、何度か話し合ったものの結局別れてしまいました。
当然両親や親戚にも借金のことは隠していたので、他に相談できる人はいませんでした。
会社では普通に仕事はしていたものの借金のことを知られたくなかったので相談したくても出来ず、悩んでいた時に別の会社で働いていた友達と再会し初めて借金のことを話してみました。(借金の額は伏せています)

藁をも掴む気持ちでネットで借金相談をすることに

僕が久しぶりに会った友達に借金の悩みを打ち明けたところ、「ネットで借金の無料相談や減額診断できるから試してみたら?」と言われました。
それまでは半信半疑だったものの、藁をも掴む気持ちで早速教えてもらったサイトで借金の減額診断をやってみたところ「借金の減額が可能です」との結果が出ました。
それからメールを通じてサイトの弁護士事務所に借金の総額や、返済状況についての相談や対策について質問を交わして行くこととなりました。
僕が債務整理を本格的に依頼すると決めるまでは基本連絡はメールで出来たので、会社や家族にバレずに相談を進めることが出来ました。

弁護士事務所で相談し任意整理を行うことに

その後も僕は弁護士さんとメールで借金について相談を交わしていき、対策や返済の選択として「任意整理」をしてはどうかと弁護士さんから打診されました。
任意整理とは弁護士を通じてクレジットカード会社と交渉し、借金の借入時まで遡って再計算することで借金の総額を減額し、更に金利を無くして元本の金額のみを返済可能な計画に基づいて返済する手続きです。

また弁護士さんと相談する中で、車やバイクもローン会社と弁護士さんが交渉して売却した金額をローンの返済に充てられることができると言われました。
車やバイクはローンを払ってる期間は売却できない契約だったので、手放したくても手放せずにいたのでとても助かりました。

これらの理由から多少のデメリットはあるものの、僕は任意整理をして借金の減額を弁護士さんに依頼することにしました。
そして弁護士さんの協力の元複数のカード会社に散らばっていた借金を一纏めにして再計算し、車やバイクを手放しブランド品や時計も売却しローンやリボ払いの金利が無くなったことで僕の借金は最終的に400万円から100万円にまで減額することに成功したのです。
300万円の減額の内訳ですが特筆すると

  1. リボ払いで将来支払う予定の利息が無くなった
  2. 車とバイクを価値がある内に手放せた


という点が大きかったです。

任意整理をした後の元本は大体3年で返済する計画を弁護士さんと組むことで、以前ほど毎月の支払いに追われることも無くなりました。

任意整理をして変わったこと

僕が今回任意整理をして変わったことは、クレジットカードを使わなくなったことです。
正確には「使えなくなった」という方が正しいですね。
任意整理のデメリットとして新しくカードやローンを組めなくなることが挙げられます。
しかし幸いにも銀行のデビットカードは使えるので生活に使う分には思うほど困りませんでした。

そんな訳で任意整理をしてから3年目の現在に至ります、あと数回の返済で終わりなので肩の荷が下りる気分です。
以上僕の借金体験でした。

1 2
  • あなたの借金体験買取ります!

今すぐ借金問題を解決したい人はスペシャリストを探す

エリア

オススメの記事