リボ払いの返済額を任意整理で400万円→100万円に軽減したサラリーマン

【体験者のプロフィール】

  • 性別:男性
  • 職業:会社員
  • 年齢:30代
  • 借金 : 400万円
  • 対応方法:任意整理

僕は30代の会社員の男です、過去にクレジットカードを10枚使い約400万円の借金を作ってしまいました。
現在は弁護士事務所を通じて任意整理を行うことで借金を100万円にまで減らし、家族の力も借りる事で月の返済も無理の無い額で返せるようになりました。
今回はそんな僕の体験をお話していきます。
尚この記事は前後編になっており前編では僕の借金が400万円になるまでを書いています、解決した経験談は後編になります。

社会人になってクレジットカードを作りまくった

僕が借金をするきっかけになったのは、クレジットカードのキャッシング枠に手を出し始めたことです。

20代の社会人2〜3年目で会社での給料も安定してきた頃、大学生時代の友達からネットでクレジットカードを作ると色んな特典やキャッシュバックがあり、好きなものが買えたという話を聞きました。
それに興味を持った僕も、初めはポイントやキャッシュバック目当てで手当たり次第にクレジットカードを作るようになりました。
幸い勤めている会社が都内の上場企業という事もあり、クレジットカードの審査も通り安かったので「クレジットカードってこんなに簡単に作れるんだ」とすっかり浮かれていましたね。

そんなこんなで半年程でキャッシング枠の付いたクレジットカードやポイントカードを10枚ほど作っていたと思います。
最初は特典で付いたポイントやキャッシュバックで買い物をしたり遊びに使って、いらないクレジットカードは解約すればいいやと思っていました。

キャッシング枠を使って高価な買い物に手を出した

僕はそうして一通りのポイントやキャッシュバックを使い切った頃には、贅沢な気が治らなくなっていました。
当時の仕事が安定していたという理由もあり、「ボーナスやお金が余ったときに返せばいいや」と考えて少しづつ外食や買い物をクレジットカードの決済で済ませることが増えていったのです。

また人と会うことが増えていたので身なりや時計と言ったファッションに見栄を張るようになり、ブランド物の靴や時計をカードを使って買うようになっていました。
クレジットカードには一枚あたり30万円〜50万円ほどのキャッシング枠があり、返済も分割やリボルビング払いができたので次第にお金を使うことに抵抗がなくなっていったのを覚えています。
そして当時付き合い始めた彼女とデートに使いたくて車やバイクが欲しくなり、購入の頭金にクレジットカードの借入金を使うまでになったのです。
当然借金をしていることは彼女には秘密で、両親や会社にも黙っていました。
当時の僕は完全に見栄っ張りな性格で突っ走っていましたね、反省しています。

気がつけば借金が400万円になってた

そんな生活を続けていて1年ほど過ぎた頃に、僕は貯金の残高が減り初めてることに気がつきました。
よくよく考えて部屋を見渡すと通販のダンボールや、クレジットカード会社の領収書を未開封のまま置きっ放しになっている現状に気がつきます。
そして一度沢山あるクレジットカードを整理しようと思い、クレジット会社からの通知や車やバイクのローン残高を計算することに。

すると大雑把に計算しても350万円、しかもリボルビング払いで発生する利息を含めて計算し直したら合計で約400万円も払わなければいけない計算になったのです。
そこで僕は初めて「え?これってマズイんじゃない?!」と思い始めたのです。
今思えばその時でも僕は割と危機感が薄かったように思います。
なぜならばリボ払いやローンで月に払う額が決まっているという根拠のない安心感のような物があったからです。

その時は「毎月節約してキャッシングしなければ、支払いが終わった分から返済終わるよね」と考えていて、ボーナスでまとめて返済すればとも考えていました。
なのでとりあえず返済が終わって使わないクレジットカードを数枚解約したり、使わなくなったブランド品を数点手放す程度で済ませてしまいました。

今思えばその時に見栄を捨てて早く車やバイクを手放したり、少額の支払いを先にまとめて払うようにしておけば良かったと思いますね。
クレジットカードの利息が銀行でお金を借りるよりも高い金利を取られることを知ったのは、それから大分先の頃だったので後悔しています。

1 2
  • あなたの借金体験買取ります!

今すぐ借金問題を解決したい人はスペシャリストを探す

エリア

オススメの記事