【実録】多重債務で「祖母の形見を売却」最終的に個人再生することに

【体験者のプロフィール】

  • 性別 : 女性
  • 職業 : フリーランス
  • 年齢 : 30代
  • 居住地:東京都
  • 借金 : 400万円
  • 対応方法 : 個人再生

借金返済で困窮するまでの道のり

元々好奇心旺盛だった私は「人生一度きりだから楽しまないと」と、やってみたいと思ったら、旅行、転職、勉学、何でも挑戦していました。それらに足りない資金をカードローンで気軽に借りたのが私の借金の始まりでした。

知識がないくせに自信家だった私は「どうせ死ぬまで稼ぎ続けるし分割で返せば大丈夫」と安易に借金を重ねていきました。一方で、当時は家計簿もつけず全く収支管理をしないままに根拠のない自信だけで突き進んでいました。

積み重なった借金はいつの間にか200万円を超えていました。次第に給料の大半を借金返済に充てるようになり、生活費や娯楽費の足りない分を更なる借金で賄うようになりました。

学費ローンで大学院入学。債務を重ねた生活

借金の用途は、旅行や引越し、毎月の家賃のほか、我慢もせずに買い漁った書籍や、アーティストのライブチケットの購入、友人の祝事に対するご祝儀、日々の交際費など様々でした。

興味の移ろいやすい私は転職の回数も多く、転職の度に借金をして引越しを繰り返していました。

さらに転職を繰り返す間の給与が僅かしか発生しない時期にも、学費ローンで200万円近くを借りて大学院に入学したりと無計画な借金を次々と重ねていきました。

画像は月収が数万円に落ち込んだ時の給与明細です。借金総額が400万円となった頃には、返済先も毎月の返済額も自分で把握できないほどに増えていました。

この頃、借金を一本化したいと思い銀行や消費者金融で大きなお金を借りようともしましたが、既にどこの金融機関でも借りられない状態でした。街中で消費者金融が目に入るたびに「もう借金返済できない…」と暗い気持ちになりました。

こうして私は多重債務者となったのです。

複数借金を滞納した末路

多重債務を抱え自転車操業となった頃、家賃や学費ローン、カードローンなど数々の支払いが滞っていきました。郵便受けにはたくさんの督促状が届くようになりました。

督促状が届き「どうにかしなければ」と思いながらもどうにもできず、自分の無能さに気づかされ気分が落ち込みました。気分の落ち込みが続くと、身体にも不調をきたし布団から起き上がれない日々が続きました。会社も休み、家に引きこもるようになりました。

借金をどうにかするために、風俗店での勤務や自殺を考えはじめたのはこの時期でした。

体調が良い日には、風俗店の面接や研修を受けたり、家にある金目の物を探して売り払ったり、誰にも迷惑をかけずに自殺するための方法を調べたりしていました。

ある日、祖母の形見であった指輪を自らの手で売り払ってしまった時には、自分が犯してきた過ちに心が苦しくなり「私は生きる価値のない人間だ」と思うようになりました。画像は売り払う前に最後の想い出にと撮影した祖母の指輪です。

この頃の私には、もう返済計画を前向きに考えられる心の余裕はありませんでした。

借金返済への近道とは?返済のコツなんてない!

裁判所からの訴状が届いたのは、そうして自殺を考えはじめた頃でした。
学費ローン返済の滞納が続き、裁判所から訴状が届いたのです。

訴えられたという恐怖がこみ上げる中でも、プライドの高かった私は「訴えられたなんて誰にもバレたくない」と思い、誰にも相談せず自分の力で解決できる方法をひたすら探しました。

しかし、お金や法律の知識がない私は一人ではどうすることもできませんでした。

それでも家族や知り合いには絶対に知られたくないと頑なだった当時の私は、まず先に無料で法律相談を受け付けてくれる機関へ相談に行きました。

これまで一人で抱え込んでいた借金の問題を、この時初めて誰かに相談したのです。

人生が好転したのはこの時でした。

法律相談所で借金のことを初めて人に話した日の帰り道、解決の糸口を見出せたことで、私の目には自然と涙が溢れていました。

借金返済方法が決まってからのこと

法律相談場で弁護士を紹介してもらった後は、弁護士事務所と直接やりとりするようになりました。弁護士に相談し、自己破産・任意整理・個人再生の中から、自分に合った債務整理方法であった「個人再生」を選択しました。

初めて弁護士事務所に向かう時には緊張で足取りも重かったのですが、弁護士にお任せしてからの流れは非常にスムーズでした。裁判所や借入先などに対するやりとりや手続きの全ては、確かな知識を持つ弁護士が担ってくれました。

私自身は借入先への返済を止め、弁護士からの質問に答えたり、借入先や資産のリストに記入したり、直近の収支状況を報告したりと弁護士の指示に従って動くだけでした。精神的な負担もなく、これまで一人で苦しんでいたのが嘘のように、手続きは淡々と進みました。

借金の記憶が曖昧だった上に全ての書類や履歴が残っていた訳ではなかったので、個人再生の準備が整うまでには少し時間を要してしまいました。しかし弁護士に相談してからは、借金の督促を止めてもらえたこともあり、心を落ち着けて借金と向き合うことができました。

個人再生の手続きで借金を150万円ほどに減額してもらい、今は返済計画に合わせて月に1~3万円ずつ返済を進めています。

借金に悩んだらまずは相談すること

一時期は自殺を考えるまでに苦しんだ私ですが、法律相談所への相談を経て個人再生制度の力を借り、借金返済と正面から向き合えました。今では、これまでの経緯を家族や周りの人に告白して理解も得られ、反省しながらも前を向いて生活できるようになりました。

今借金の返済で悩んでいる人は、解決に向けた一歩として、一度信頼できる人に相談してみてはいかがでしょうか。相談から拓ける未来があるはずです。

はじめに相談するのは、家族や法律相談所、弁護士、司法書士など「信頼できる人」であれば誰でも良いでしょう。

これまで誰にも相談してこなかった人にとって誰かに相談するというのはとても勇気がいることかと思いますが、これを機に、解決に向けた第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

  • あなたの借金体験買取ります!

今すぐ借金問題を解決したい人はスペシャリストを探す

エリア

オススメの記事