ニートの彼と同棲・過食症|600万の借金を自己破産した話

むやみな借金の申し込み

私は借金をしすぎて自己破産をしてしまいましたが、その原因は「借金の申し込みをしすぎた」という点です。
クレジットカードの借りることができる金額100万円を使い終わったあと、すぐにキャッシングサービスの申し込みをしてしまいました。
すると200万円を使うことができると錯覚してしまうので、むやみな借金申し込みはしない方がいいでしょう。

また、私が自己破産をしたときには、借金は総額700万円でした。
レイクやアコムと言った無人機を使って借金を申し込む場合、収入の3分の1しか借りられないというのは良く知られていることだと思います。
ということは、私の年収は2100万円だったのか、というと違います。

当時の私の年収は、500万円程度でした。そんな私が600万円も借りることができたのは、「同時申し込み」を使ったからです。

クレジットカードの利用上限まで使って、クレジットカードについているキャッシングも利用した後、他のキャッシングサービスを利用しました。子供の頃に、両親に「レイクとアコムは絶対使うな」と言っていたのが記憶に残っていたので、レイクとアコムは使いませんでした。(他のキャッシングサービスも同じなのですが、当時はあまり感じていませんでした。)

<私の借金の内訳>

  • 楽天ローン150万円
  • 楽天クレジットカード100万円
  • 三井住友銀行カードローン:100万円
  • モビット:100万円
  • じぶん銀行:100万円
  • りそな銀行カードローン:50万

楽天のクレジットカード100万円と楽天キャッシュカード100万円を使ったあとに、私がしたことは、次に使えるお金を確保することでした。
同時申し込みの知識が元々あったわけではなく、たまたまそうなっただけなのです。

お金を使ったあとに、また借りる申し込むのは面倒だという、私の性格が出ているのです。
私が行ったことは、

  1.  モビットの申し込み
  2.  三井住友銀行カードローンの申し込み
  3.  じぶん銀行の申し込み
  4.  楽天ローンの増額依頼

この4つを同時に申し込んだ場合、現在の借金しかカウントされないのか、かなり高額のお金を借りることが出来ました。これが借金地獄の始まりでもありました。

キャッシングの返済をキャッシングで行う

借金の経験がある人はわかると思うのですが、キャッシングやクレジットカードには返済の義務があります。
支払いが滞ると貸してくれなくなる(利用金額が残っていても借りられなくなる)という状態になってしまうので、支払いできないものは他のキャッシングサービスで借りて返済する、というように自転車操業のように返していくのが借金地獄だと私は思います。

借金をしたときに、支払いが出来ないというのはかなり問題ですが、キャッシングサービスの会社に電話をして事情を離せば支払期限を待っていくれたり、支払い金額を減らしてくれたりします。そうやって、“自分の給料だけで支払いができる状態を作る”ということが借金と付き合っていくうえで大切だと思います。

私の場合は、足りなかったらまた借りればいいや、という安易な考えでいたので、普通に自転車操業のように返済をしていましたし、食事を食べるのもやめませんでした。
とはいえ、居酒屋で食事をするのは月に1回から2回で、他はコンビニやファミレスで食べるようにしていました。
少しは支出を見直していこうという気持ちはあったのです。

キャッシングサービスは未来を浪費していると考える

私の場合は、キャッシングサービスで使える金額は自分の貯金だと思い込んでいました。
しかし、実際の借金は私の未来を浪費する行為なのです。
そのことに気付いていれば、自己破産もせずに済んだかもしれません。

私は三十台ですが、自己破産のせいで未だにクレジットカードが作れません。
自業自得ですしそれに文句はないのですが、格安スマホの契約や、ポケットwifiの契約のときにクレジットカードが必須だと知ると、すごく悲しくなります。クレジットカードは便利ですし、それしか使えないというものも増えています。ブラック情報が書き換えられるのが5年なので、もうしばらく我慢しようと思っています。

短時間で膨れた借金は過払い金請求の対象外

借金の「過払い金請求」というのはCMや電車の広告でも見かけますよね。
過払い金が発生するのは、大体2~3年返済している場合だけで、私の様に短期間で借金が膨れてしまった人は対象外だと、弁護士に言われました。
ちなみに、過払い金請求は、返済中に申請してしまうと信用情報に×がつくらしいですが、返済後に申請するとお金も戻ってくるし、信用情報にも傷がつかないのだとか。

借金のライフハックはこの辺にして、私がお金を借りられなくなった時の話からしていこうと思います。

そして借りられなくなった…

借金をしているといっても、もともと会社の収入が良かったので、キャッシングで借りられる金額も大きかったですし、600万なんてすぐになくなるものではないと思っていました。もし借りられなくなっても、給料で地道に返していけばいつか返せる。
なんとなく楽観的でもありました。

そして、初めてクレジットカードを満額まで使った日から10カ月程度で、借金が600万円ほどになってしまったのです。
その原因は、私の休職にありました。

借金・リボ払いが減額できる!?カードローン・クレジットカードご利用の方必見!

無理な節約と副業で自律神経失調症・不安緊張症に

借金が増えていくことに、流石に危機感を覚えた私は、仕事を頑張りました。
残業を積極的に行い、プロジェクトの掛け持ちをさせてもらって、とにかくお金になるように頑張っていました。
そもそも、働かない彼氏と一緒に暮らしていますから、1馬力で二人を支えなければいけないこと、さらに借金がプラスしていましたから、普通に残業するだけでは支えることが出来ませんでした。

そこで、休日はアルバイトを始めました。
副業禁止の会社だったのですが、背に腹は代えられない。
私は副業について調べて、会社にバレずに確定申告をすればいいとわかり、休日は短期バイトを始めました。
イベントスタッフなどのバイトや、深夜の冊子の作成のバイト、さらには深夜にマクドナルドで深夜バイトを始めました。

睡眠時間は2~3時間の日がつづき、当たり前ですが、私は3ヶ月で身体を壊しました。
朝起きると頭痛とめまいがして動けない。吐き気がある日もあり、とにかく身体が動かないという状態になってしまったのです。
結局、自律神経失調症不安緊張症というふたつを患っていたのですが、病院に行くお金もなく、会社の有給で休みを取り続けていました。

しかし、結局働くことは出来ず、バイトはすべて辞めて、会社は休職になりました。
収入が無くなってしまったので、自転車操業に火が付きました。

とうとう、借りられなくなってしまったのです。

切羽詰まった私がしたこと

働けなくなってしまった私は行動にうつすことにしました。

協力してくれない彼氏

まずは彼氏にすべてを話すことにしました。

  • 1馬力で二人を支えるのが大変だったこと
  • 生活費の補填で借金をしていること
  • 身体を壊してしまって働けないこと
  • このままでは二人とも破滅するから、働いて欲しい

答えは、NOでした。

長い時間をかけて話しましたが、私が無職の彼を支えるようになってもう4年が経過していたため、彼氏も今の生活を止められなくなっていたのです。

支出と借金を書き出した

そこで私は、自分で何とかしなければいけないと、支出と借金を書き出しました。
ここでようやく支出を見直すということを始めたのです。

自分がいかに無駄な食事をしているのかを知り、一度断食をしました。
3日の断食をして、身体と胃腸を正常な状態に戻そうと考えたのです。
そのおかげで、今でも食べる量は人よりも多いですが、外食をせずに切り詰めた生活をすることが出来ました。

<当時の収入>

  • 休職手当:15万円
  • 短期のバイト:1万円~2万円

<支出>

  • 家賃:7万円
  • 光熱費:2万円 → 改善して1万5千円
  • 彼氏の携帯:2万円
  • 借金返済:6万円
  • 食費、雑費:5千円

光熱費削減・携帯代と保険の解約

支出を切り詰めるために、私は休職で外に出ることもなかったのでお風呂は週に2回に減らし、光熱費を減らしました。
また、彼氏の携帯代を支払ってしまうと、どうしても自分の携帯代や保険をキープすることが出来ず、解約をしました。

解約金などは支払いませんでした。督促状が来るだけで、基本的には困らないからです。
キャッシングサービスは返済すると、また借りることが出来るので、彼氏の奨学金などはそこから返済していました。
とにかく、切り詰めていました。

食費の見直し

食事も二人で5千円なので、とにかく安い野菜や食材を買うように心がけました。朝は具合が悪かったのですが、夕方からは気分が良かったので、健康のためにも遠くのスーパーまで歩いて食材を買うということを行っていました。

思い出すだけでも辛い思い出です。

お金の計算が日課になっていた

毎日毎日、電卓をたたいていました。
それが今思い返すと一番つらかったです。
給料日に入るであろうお金、支払わなければいけないお金を計算していました。
毎日計算しても、結果が変わるわけではないのですが、なぜだか憑りつかれたように計算していました。

時折、彼氏が「この新作ゲームが欲しい」と言ってきたことがありました。普通なら、働いていない彼氏にそんなものを出す必要はないと思うかもしれませんが、その頃の私は「私がふがいないから食事などで彼氏に迷惑をかけている。ゲームくらい買ってあげたい」と、キャッシングサービスに返済したことによって借りられるようになったお金でゲームを買ってあげていました。

アイスが食べたいと言われれば買ってあげていたので、毎日計算が必要でした。
「今日のアイス代はどこで補填しよう」そんなことばかり考えていました。

借金をどれだけ減らせるか無料で診断!借金減額シミュレーターはこちら

1 2 3 4
  • あなたの借金体験買取ります!

今すぐ借金問題を解決したい人はスペシャリストを探す

エリア

オススメの記事