闇金の即日融資600万の借金で自己破産した48歳土木作業員

消費者金融や銀行はお金を貸してくれない。
しかし、何らかの事情でどうしてもお金が必要という人にとって、普通なら怪しいと思われる「誰でも即日で融資可能」「無条件融資実施中」といった文言が記載された広告を掲載する金融機関が魅力的に見えるものです。

私も、何とかしてお金を用意しなければならないという状況で、怪しい広告を掲載する金融機関に惹かれ、お金を借りてしまいました。
ここでは、その時の実体験についてまとめています。

【体験者のプロフィール】

  • 性別:男性
  • 職業;土木作業員(アルバイト)
  • 年齢:48歳
  • 借金:600万以上
  • 対応方法:自己破産

借金を作ってしまったきっかけ

借金を作ってしまった当時、私は契約社員として工場勤務をしていましたが、経営難による人件費削減により契約は打ち切られました。
突如として無職の状態となってしまったわけです。
その後、就職活動を行いましたが、私のようなおじさんを正規で雇ってくれる会社は現れず、アルバイトとして土木工事会社に勤める事に。
子供3人を養う為、妻と共働きで働きましたがお金は足りず、そこで頼ったのは消費者金融と銀行でした。

闇金に手をだしたきっかけ

消費者金融と銀行から借金をする事で、何とか生活資金の工面ができ、その間に安定した職に就こうと必死で就職活動を行いました。
しかし結果は実らず、気付けばカードローンは限度額一杯になりました。

その為、他の金融機関にも融資を申し込みましたが、いずれも審査に通らず、当然ながら増額の審査も通りません。
借金の返済もしなければいけない、子供の養育費も払わなくてはいけない、その為にはどうしてもお金を借りる必要がありました。
そんな困窮した状況下で私が見つけたのは「無条件で即日融資します」という広告

その時の私にとっては駆け込み寺のような存在に思えて、直ぐにその広告に記載された電話番号へ連絡しました。

これが闇金へ手を出したきっかけとなります。

闇金とのやり取りについて

広告に記載された電話番号に連絡すると、丁寧な口調で男性が対応してくれました。
「本日中に30万円ほど融資をお願いできますか?」私がそう伝えると、担当者は私の現在地を聞き出して車で駆けつけてくれました。
信用できる情報が無いとお金は貸せないという理由で、運転免許証や家族の情報、更には実家の住所まで聞かれました。

その後、私の借金の状況や収入の少なさでは、10万円貸すのが限界、金利も10日で3割と少し高いけど大丈夫ですかと聞かれたのを覚えています。
正直よく意味がわかりませんでしたが、とにかくお金に困っていた私は、その人から10万円を借りる事になったのです。

闇金が原因で返済地獄が始まる

お金を借りた日から10日後が返済期日で、その日に13万円を指定口座へ入金して欲しいと言われましたが、借りた10万円は家賃や生活費に充ててしまった為、私はお金を貸してくれた金融へお金が返せない旨の相談をしました。
すると、担当者から丁寧な口調で「今回は3万円の返済で大丈夫です」と言われ、少しホッとしました。
3万円くらいなら誰かが貸してくれると。

その結果、私は再び闇金に手を出し3万円を借り、返せなくなったらまたどこかの闇金から借りるといった最悪の行為を繰り返すようになったのです。
そして遂には利息も返せなくなり、10日ごとに利息が3割、5割と膨らんでいく状況に。
最終的には闇金からいくら借りているのか自分でも把握できなくなってしまいました。

闇金と各金融機関から取り立てられる毎日

悩んでいる男性

銀行や消費者金融への返済を半年以上も滞納し、ポストの中は催促通知で一杯。
電話でもお金を一括返済してほしいと請求されるようになりました。

しかし、それよりも恐ろしかったのは闇金からの取り立てです。
合計9社の闇金からお金を借りていた私の元には、毎日のように恐喝まがいの取り立てが来るようになりました。
そしてついにその手は実家の両親や妻にまで及ぶようになりました。
私と妻の勤務先にまで取り立てが行くようになり、結果的に会社を解雇される結果となりました。
まさに絵にかいたような地獄です。

その後、これ以上家族に迷惑はかけられないと妻に子供を連れて遠くへ引っ越すように伝えました。
無職でありながら闇金と消費者金融合わせ600万円以上もの借金を抱えてしまったという現実に、一度は死を考えた事もありましたが、そうすれば闇金の魔の手は再び妻や子供たちに及んでしまう。
それだけは何としても避けたいと考えた私は、せめて闇金の借金でも返せればと、必死で対策案を模索しました。

1 2
  • あなたの借金体験買取ります!

今すぐ借金問題を解決したい人はスペシャリストを探す

エリア

オススメの記事