うつ病で退職。生活苦で消費者金融2社から50万の借金した24歳

消費者金融や銀行のカードローンなどで
作った借金は、
例え利用者本人が病気で借金を
払える状況ではなくなったケースにおいても、
特に救済処置が講じられる事もなく
問答無用で返済の催促をしてきます。

これは私がうつ病によって会社を退職した後、
ローンの返済に追い詰められて
生活がかなり困窮した話です。

体験者のプロフィール

  • 性別:男性
  • 職業:無職
  • 年齢:24歳
  • 借金:50万円(消費者金融:2社)
  • 対応方法:債務整理で借金減額の後、完済

カードローンを利用した
きっかけについて

元々地方で生活していたものの、就職を機に上京する事にしました。

当時は全く貯金が無かったので、どうしても東京で働きたいという強い気持ちから消費者金融カードローンを契約。

上京に伴う引っ越し費用や家具家電の購入費用の資金に。

自分が望んだ上京で親に迷惑を掛けたくはないというプライドから、両親から上京資金の支援をする話は断り、カードローンを利用するという選択をしました。
今まで親に甘えてきたのだから“早く自立しなければ”という思いと、親に頼らず一人でやりたいという気持ちがあったのです。

2社の消費者金融でカードローンを作り、借金の総額は50万円。
ただ、今後は正社員としてしっかりと働けるという前提があり、借金の返済に関してはそこまで不安ではない。
期待に胸が膨らむばかりで明るい未来のことしか考えていませんでした。一年でお金を貯めて、さらに良い生活を目指そう!

そう最初は思っていました…。

上京後、
僅か4ヶ月でうつ病を発症

上京後、東京の広告代理店の営業として働いてみるも、その業務内容はあまりにもハードワークでした。

会社はブラック企業だった

広告の入稿期限に追い詰められ、入社1か月目にして月の残業は80時間。
常に忙しい現場の上司たちはいつも怒鳴り声を上げ、クライアントからの理不尽な要望や文句にストレスを感じる毎日でした家に帰っても寝るだけ。日に日にご飯は喉を通らなくなり、体重も減りつつありました。
今考えれば完全にブラック企業だったと思います。

自律神経が乱れ始めた

そのうち残業の末に帰宅しても、胸がドキドキしてなかなか寝付けない日が続くようになりました。心臓の鼓動が脈打つのが感じられ、ただでさえ少ない睡眠時間なのだから早く寝なければと思っても寝付けない。そして次の日の朝目の下にクマを作って出勤するようになりました。
後に仕事を辞めて借金の整理が終わってこの時の事を振り返った時に、ネットで調べた結果、ストレスによる自律神経の乱れが原因だったのだなとわかりました。ストレスを受けると交感神経副交感神経よりも優位になり、興奮状態になって血管がドキドキと脈打つようになるのだそうです。

うつ病になり
自殺を考えるように

通勤時は何度も逃げる事を考え、挙句の果てには線路に飛び込んでしまおうかとも本気で思った事もありました。ふとした時に自殺の二文字が脳裏をよぎるのです。

上京するまではまさか自分がこんな事を考えるなど、思った事もありませんでした。完全に病んでいたと思います。ただし病んでいても、実際に逃げるということはしませんでした。というかできなかったのです。ただ無気力な状態で会社に通っていました。

穏やかな生活ができていた地元での生活も恋しくなり、恥ずかしながら両親に逢いたいと泣いてしまう事もありました。一人で部屋にいる時などに、実家の両親のことや、子どもの頃の事などを考えていました。

上京から4ヶ月程たった頃は睡眠の質も下がり、朝起きると異常なほどの倦怠感、通勤時も呼吸が乱れ始め、その事に異常を感じ精神科に駆け込んだ所、医師からは「うつ病」であると診断結果に。

うつ病になった場合の借金返済方法と傷病手当金の申請方法

生活費・治療費で借金300万|30代でブラック企業でうつ病に

うつ病で会社を辞め、
借金だけが残る

うつ病と診断した医師からは休職を進められるも、その原因ともなる会社を休職して再び復帰できた所でまた同じことの繰り返しと考え、退職を決意し地元へ戻る事にしました。

ただ、地元に戻る為に引っ越し費用は貯金で賄う事が出来ませんでした。なんでだろう。あんなに毎日遅くまでこんなにボロボロになるまで働いたのに。上京するまでは期待に胸いっぱいだったのに。蓋を開けてみればこの通り。引越し費用すら賄えないほどのジリ貧。本当に泣けてきました。
仕方なく再びカードローンから10万円を借りて帰京することにしました。

借金苦でうつ病発症。うつ病から立ち直り借金を返済するには

ある程度返済していたが
新たな借金で相殺

上京した時に借りたお金は、ある程度頑張って返済していました。
しかし、帰京の際の引越しの為に新たに借りた借金に相殺された為、変わらず50万円の借金が残ってしまう事に。

しかし当時は「とにかく地元に帰りたい」という思いしかありませんでした。これは今考えると正しい選択だったと思います。ここで帰っていなければ、間違いなく僕は死んでいたと思います。死んでいなかったとしても、心が砕けて廃人になっていたと思います。
そして選んだ選択肢は借金を抱えたまま無職になることでした。

うつ病を抱えて
失業保険を受け取ずに
焦る日々

雇用保険の加入期間が短すぎた為、失業保険を受け取る事ができませんでした。これで実家への移住後は完全に収入が途絶える事態になってしまいました。
実家住まいのため、家賃や光熱費は両親に甘えればなんとかなりますが、肝心な借金の返済は全くできない状態になってしまいました。

うつ病で新たに仕事をできる状態ではなく、カードローンを利用してこれ以上借金を増やす事もリスクが高すぎてできないという切羽詰まった状況になりました。

うつ病の療養をしなければいけないけれど、借金も返さなければいけない。病院の先生からは「~しなければいけない」という考えはしないほうがいいと言われましたが、借金を放っておくわけにもいかないという焦りが常にありました。

借金返済の当てがなく
途方に暮れていた時に、
「借金減額」の方法を知る

借金返済の当てがなく途方に暮れていた時、「そもそも借金は、全額返済しなくても大丈夫」という内容を知りました。
その時紹介されていたのは、司法書士に相談することで、借金が減額できる「債務整理という方法でした。
そのとき僕は、借りた借金は全額必ず返さなければいけないと考えていたため、これは目からウロコが落ちるようでした。借金を全額返す必要がない?!そんなことがあるのか?本当に??僕の頭の中は「?」マークでいっぱいでした。そもそも債務整理とはなんだろう?と思いつつ、司法書士に相談することにしました。

司法書士への相談は「無料」とのことだったので、早速相談してみる事に。

司法書士事務所に相談し
「借金減額」に成功

司法書士事務所に相談した結果、
借金50万円が12万円まで減額
さらに、毎月の返済も一時的にストップしました

うつ病で仕事ができない状態の僕にとって、まさに夢のような出来事でした。
それから、うつ病の症状も働けるようになるまで徐々に改善し、地元でアルバイトをしながら残りの借金を少しづつ返済していきました。
半年後に完済する事ができ、現在は借金も無く、心身ともに健康な生活を送れています。
あのとき債務整理の事を耳にしていなければ、今頃どうなっていただろうと思います。

  • あなたの借金体験買取ります!

今すぐ借金問題を解決したい人はスペシャリストを探す

エリア

オススメの記事