ギャンブルと競馬の借金の返済方法とは?返済に必要なポイントとは

ギャンブルや競馬をするために借金をしてしまい、「気づいたら雪だるま式に膨れ上がっていた」「返済不可能な状態になっていた」などのことはよくあります。しかし、ギャンブルや競馬で借金地獄に陥った方のほとんどの方が、借金をするのは簡単だけれど返済するのは難しいことと話しています。

そこで今回は、ギャンブルや競馬で借金をする方の傾向を解説し、その後に借金返済のために必要なポイント、早く返済するための方法をまとめてみました。ぜひ、最後までチェックしてみてください。

ギャンブルや競馬で借金をする方の傾向

ギャンブルや競馬で借金をする方の傾向として以下の点が挙げられます。

  • 借金=自身の財産と勘違い
  • もらった給料をすぐに使い切る
  • ギャンブルや競馬で儲けたお金で借金を返済しようとしている
  • 金銭感覚がマヒしている

もしも、自分に一つでも当てはまると思ったら要注意です。

借金=自身の財産と勘違い

ギャンブルや競馬のための借金をすること=返済義務のある重要なことと考えていません。この傾向の方は、すでにギャンブルや競馬は自分の生活の一部になっています。
借金など関係なく、使えるお金は全部自分のお金という考えになっていますから、後ろめたさもなく借金を繰り返してしまうのです。

もらった給料をすぐに使い切る

もらった給料はギャンブルや競馬の資金として考えてしまうと、計画的にお金を使うことはできなくなるでしょう。
その結果、当日~数日以内で給料を使い切ることも珍しくないですし、実際にギャンブルや競馬に依存する方の多くに見られる行動です。

ギャンブルや競馬で儲けたお金で借金を返済しようとしている

ギャンブルや競馬の依存度が高い方は「今負けても次こそ勝って取り戻せる」という根拠のない確信があります。簡単に勝てる仕組みでないことをすっかり忘れるくらいに熱くなっているため、ギャンブルや競馬を辞めることは難しいものでしょう。

また、ギャンブルや競馬で借金をしても、儲けて返せば良いのでは?と楽観的に考えがちな部分もあります。

パチンコで稼ぐことはできるの?ギャンブル依存症と借金からの脱出

金銭感覚がマヒしている

ギャンブルや競馬で借金をする方の多くで、金銭感覚がマヒしている傾向があります。また、気持ちが弱くて流されがちなこと、そのほかに自分が我慢することができないという特徴も。

この傾向の方は、ギャンブルや競馬で当たったときの喜びの感覚が忘れられず、常に求めて行動しています。その結果、トータルでつぎ込んだお金以上に損失が大きくても迷うことなく使い切ってしまうのです。

ギャンブルにハマってホームレス生活になった35歳。普通の生活に戻れた方法

ギャンブルや競馬で作った借金返済のために必要なポイント

それでは、ギャンブルや競馬で作った借金返済のために必要なことはあるのでしょうか?
こちらでは、3つのポイントを取り上げてまとめています。

ギャンブル依存症で借金700万円 闇金に脅され犯罪を犯した36歳

ギャンブルや競馬の依存症を克服する

ギャンブルや競馬の依存症を克服することが重要ですが、そう簡単にできることではありません。そこで、以下のことを少しずつはじめる努力をしてみてください。

  • 依存症=病気と自覚する
  • 外出時に持ち歩くのは必要最低限の現金
  • ギャンブルや競馬をしたくなったら別のことを考える
  • 集中できる趣味を見つける

返済計画を立てる

依存症を克服と同時進行で、借金をどうやって返済するのかの計画を立ててください。毎月どのくらいの収入があるのかを把握し、その中から無理のない生活費を確保。そのうえで、差し引いた金額を毎月の返済にできるかぎり充てていきましょう。

支出を減らす

返済計画を実行するために必要なのが、支出を減らす努力です。そのために、まずは家計簿をつけるなどして、毎月のお金の流れをチェックしてください。また、生活費に優先順位をつけるようにして、順位の低い支出は削るようにすると良いでしょう。

そうすることで、ストレスを溜めずに支出を減らせます。

ギャンブルや競馬で作った借金を早く返す3つの方法

ギャンブルや競馬で作った借金返済のために必要なポイントを理解して状況が整ったら、借金を早く返すことを目指しましょう。こちらでは、借金を早く返すためにどんな方法があるのかをまとめてみました。

おまとめローンの利用

銀行などで複数の借金を一本化する、おまとめローンを取り扱っています。

借入金額が大きくなると金利が下がる商品も多いですから、借金をまとめることによって総支払額を下げることが実現。また、返済計画をおこなって、支払い金額を多めに確保できるようであれば支払い期間の短縮もできるでしょう。

親族や知人に借りる

借りる本人の信用度が重要になりますが、親族や知人に借りるのが支払いの負担を少なく済ませられるでしょう。なぜなら、親族や知人であれば、交渉次第で金利ゼロやごくわずかな金利で貸してくれるケースもあるからです。

ただし、お願いしても貸してもらえない場合もありますし、仮に貸してもらえたとしたら返済の遅延は絶対にしてはいけません。

債務整理

何も考えずにギャンブルや競馬に依存し、その結果どうやっても支払いができないなどのこともあるかもしれません。そのときは債務整理を視野に入れるしかないでしょう。

なお、債務整理には以下の4つの方法があります。

  • 任意整理
  • 自己破産
  • 特定調停
  • 個人再生

任意整理、特定調停、個人再生は債務の減額をおこなう手続きなのに対し、自己破産は免責がおりれば借金の支払い義務がなくなります。

まとめ

ギャンブルや競馬にのめり込むあまり、借金をしてしまうのは簡単なことです。しかし、返済をすることは借りることの何倍も難しいことであることを覚えておく必要があります。

ギャンブルや競馬が原因で生活ができない!などのことを避けるために、借金に困った場合はこちらをチェックしてください。

  • あなたの借金体験買取ります!

今すぐ借金問題を解決したい人はスペシャリストを探す

エリア

オススメの記事