パチンコで稼ぐことはできるの?ギャンブル依存症と借金からの脱出

なにかとストレスの多い現代、〇〇依存症という言葉をよく聞くようになりました。
中でも「ギャンブル依存症」「パチンコ依存症」などといった、賭け事に関する依存症は、賭け事に夢中になるあまりに湯水のようにお金をつぎ込み、気づいたときには首が回らない状態になっているということが多くあります。

しかし返済したいという気持ちを持ったあなたは一歩、借金返済の道に近づきました。
ギャンブルによって作ってしまった借金を返済するために、あなたが取るべき行動についてまとめてみました。

ギャンブルで稼ぐことはできるのか?

パチンコなどのギャンブルで借金を抱えてしまう人で多いのは、借金をギャンブルで返そうとする人です。
確かにパチンコで5万円勝ったり、競馬で20万円勝つこともあるかもしれません。
パチプロという言葉も聞く位です。
では本当にギャンブルでお金を稼いだり、借金を返す事という事は可能なのでしょうか?

インターネットで調べても、残念ながら継続的な意味でギャンブルで成功した話はありません。逆に不規則な生活で日常が破綻してしまったり、負けが込んで借金を背負ってしまったなどの失敗談が目に付きます。

ギャンブルの経営者は損になることはしない

当たり前ですがパチンコ店は、利益を上げる為に店舗を経営しています。
利益が上がるためには客にお金を多く使ってもらわなければいけません。

そのために玉が良く出る台を数台用意し、それを客寄せパンダにして客を呼び込むのです。もちろん玉が出る台は取り合いになりますし、その数台以外は容易に勝つことはできず、お金をつぎ込むだけになります。

経営者は慈善事業で経営しているわけではなく、客からお金をむしり取ろうとしていると自覚しなければいけません。

パチンコで稼ぐのは労力に見合わない

パチンコで稼ぐには、それぞれの店舗の傾向や玉が出るであろう台のリサーチが必要です。パチンコ店に出かけて時間をかけてリサーチします。その間は負けるかお小遣い程度の利益であろうことは想像に難くありません。

リサーチの結果玉が出る台を特定できたとしても、その台は人気があるため、開店一番で乗り込んでも取られる可能性があります。そのため開店前に店舗の前で並ぶことになります。

このような苦労をしても、台を取られてしまえばその日一日はハズレになりますし、そもそもリサーチ不足の場合は出ない台にお金を吸い取られながら暗中模索の日々を送ることになります。

普通に働いている人たちは大抵一ヶ月働いて給料分のお金を手に入れますが、ギャンブルでお金を稼ごうとすると、先程紹介した生活をしても手に入れられるお金は微々たるものか、マイナスになる事もあるのです。

労力に見合った収入ではない事がわかります。
小遣い程度の収入ならともかく、生活を維持したり借金を返済するほどのお金を稼ぐことができるという事はあり得ないのです。

ハイリターンだがハイリスク過ぎる競馬

競馬は少ない金額を賭けて多額のお金を手にする事が出来る場合のあるギャンブルです。
そしてよく聞く言葉が「ビギナーズラック
やりはじめの初心者が、少ない掛け金で大金を手にするというものです。
ビギナーズラックの恩恵を受けた人は、また次もチャンスがあるのではないかという思考に陥ります。ビギナーズラックでなくても、一度大金を手にした場合に陥る思考です。

一度大金を手に入れた場合、そこでやめておけば大きな利益ですが、大抵は同じチャンスを求めてそのお金をつぎ込み、更に溶かしていくという泥沼にはまることになります。

やめられないギャンブルの先に待ち受けるもの

途中でギャンブルをやめて引き返せば、まだ一般的な日常に戻れます。
しかしほとんどの場合は、ギャンブルをやめることができずに底なし沼におぼれていく事になります。

健康状態の悪化や生活が立ち行かなくなる

ギャンブル中は食事をないがしろにしがちです。
パチンコをしていて良く玉が出る台だった場合は、その台から離れたくなくなるでしょうし、競馬で目が離せなくて簡易的な食事しかとらない、お酒を飲む量が増えるといったこともあるかもしれません。また、ギャンブルで生活費が足りなくなった場合、まず最初に切り詰めるのが食費です。無理な食事制限をしたり、安価な健康的ではないものを食べたりして健康が脅かされることになります。

そして生活費が足りないことで、生活も立ち行かなくなります。

借金から闇金に手を付けてしまう

生活費が足りないことで借金をし、消費者金融だけでなく闇金にまで手を付けてしまうケースは多くあります。

例えば今以上に借金額が膨み消費者金融には融資をすべて断られてしまい、お金を調達できるのは闇金ぐらいしかないという状況。ダメだと頭ではわかっていても、背に腹は代えられない事態に直面した場合、闇金に手を出してしまう人が多数いるのです。

ギャンブル依存症|闇金に脅されて犯罪に手を染めた

家族や友人など、周囲の人の信用を失う

さらにパチンコで抱えた借金によって、家族や友人などあなたの身の回りの人の信用を失うこともあります。
借金を抱えてしまった時点で印象は悪いですし、借金返済のために家族や友人にお金を借りに行くようなことがあれば、人間関係の崩壊も十分にあり得ます。

結婚を考えている恋人がいる場合は、結婚の話が破談になってしまうこともあるでしょう。すでに家庭を持っている場合は離婚といったこともあるかもしれません。
このようにギャンブルによって人間関係が崩壊することもあります。

仕事や住居を失い通常の生活ができなくなる

ギャンブルにハマった場合、一度で失う金額は大きくなります。
一ヶ月

ギャンブルにハマってホームレス生活になった35歳。普通の生活に戻れた方法

ギャンブル依存から立ち直る一歩とは

ここまでパチンコや競馬やスロットなどのギャンブルで借金が増え続けた場合のことを想定してみましたが、あなたにとって悪い状況に陥ることばかりです。
しかし、今返済に向けて動くことが出来れば、手遅れになることはありません。
もしかしたら今まで会社で仕事をするのと同じ感覚でギャンブルに足を運んでいたあなたにとって、ハードルが高いことかもしれません。

そこでギャンブルに足を運ばない方法について解説していきます。

ギャンブルと競馬で作った借金の返済方法とは?借金地獄に陥る方の傾向と返済に必要なポイントとは

まずは依存症であることを自覚する

まずはあなたがギャンブル依存症になっていることを自覚しましょう。
パチンコ依存症、競馬依存症、パチスロ依存症、全般的なギャンブル依存症といろいろありますが、すべて立派な依存症です。
常にギャンブルについて考えているなら依存度は高く、既に借金を抱えているのなら立派な依存症です。
依存している人は「趣味でやっているだけ」「少しやっているだけ」と自覚していないことが多く、自分が依存症であることを自覚するということはとても大切であり、依存症から抜け出すための一歩と言えます。

パチンコに代わる新しい趣味を見つける

あなたがパチンコや競馬へ足を運んだきっかけはなんでしょうか。
大半の人にとって「暇つぶしのため」が最初の入り口だったのではないかと思います。

つまり逆に言うと、暇つぶしのための時間が無くなればパチンコのことを頭から離すことが出来るようになります。

そこでパチンコに代わる暇をつぶせるための趣味を新しく見つけるといいでしょう。
あなたが没頭できるような趣味であれば何でもいいです。

  • フットサル
  • 映画鑑賞
  • アウトドアやトレッキング
  • テレビゲーム(スマホゲームは中毒性があるのでダメですよ)
  • スポーツ観戦

などなど、今の時代は娯楽がたくさんあるので時間を潰すための方法はいくらでもあります。大半のことはパチンコよりもお金が掛からないので、パチンコに費やしていた時間を趣味に打ち込んでみましょう。

パチンコや競馬などのギャンブルから脱却できるだけでなく、充実した人生も過ごすことが出来るようになりますよ。

借金返済が大変なら債務整理も検討しよう

肝心の借金返済が困難な人は多いと思います。
普通に返済しても完済までの道のりが遠い人は、債務整理を検討してみましょう。

任意整理か、個人再生か、自己破産か、どの手段を取るかは相談する専門家(弁護士や司法書士)との話し合いになります。

しかし相談する事で借金完済までの道のりはかなり楽になります。
少しでも返済を楽にするためにも債務整理の相談から始めてみましょう。

まとめ

以上、借金をしてでもパチンコを続けることのデメリットと、パチンコへ足を運ばない方法について解説していきました。

借金を完済するためにはまず負債を増やさないこと、つまり自らがギャンブルに依存している事を自覚してギャンブルをしないことが重要です。
あなたは目先の快楽を追い続けて身を滅ぼす人生と、将来の楽しいことを追及して充実した人生、どちらを歩みたいですか?

もちろん後者ですよね。
未来のあなたのためにも、ギャンブルからの依存から解き放たれて借金を返済しましょう。

  • あなたの借金体験買取ります!

今すぐ借金問題を解決したい人はスペシャリストを探す

エリア

オススメの記事