借金があるとクレジットカードの審査は通る?通らない?

クレジットカードは、キャッシュレスで商品の購入ができるという魅力の他にも、ポイントサービスや割引優待、更には充実した保険内容など、安心かつお得に利用できるサービスが充実しています。

そんな魅力から「クレジットカードが欲しい」と思う人も少なくはありません。

ただ、中にはカードローンやキャッシングの利用で借金があるから、クレジットカードを作りたくても作れないと諦めている人や不安を感じている人も少なくはないはずです。

そこで今回は、借金があってもクレジットカードの審査に通過する事ができるのかを解説していきます。

他社から借金をしていれば審査に通りづらくなるのは事実

銀行や消費者金融から借金をしている状態でクレジットカードを契約すれば、当然ながら利用者の返済負担は重くなります。

そうなってしまった場合、利用者が返済不能に陥ってしまうリスクも出てきてしまうため、クレジットカードの審査では借金の情報もしっかりと確認されます。

その際に借金があると発覚すれば、借金が無い人と比較して審査は通りづらくなるのは明確です。

カードローンはクレジットカードとは別だから黙っていれば借金はバレないのでは?と思う人もいるかと思いますが、残念ながらそういう訳にはいきません。

カードローンにせよ、クレジットカードにせよ、利用者が申込時に提供した個人情報や、現在の借金状況は「個人信用情報機関」に登録され、各金融機関は審査の際に個人信用情報機関から申込者の情報を開示してもらう事が可能となっています。

その為、クレジットカード会社の審査であっても、銀行や消費者金融から借金をしていれば、その情報は審査の際に発覚する事になります。

過去に借金関連で問題があった人も審査には不利

現在は借金が無いが、過去に滞納や代位弁済、債務整理といった問題を起こしているという方は、クレジットカードの審査に通りづらくなる、または申込ができなくなります。

これらの情報を「金融事故情報」と呼び、この情報が信用情報機関に登録されている人は、いわゆる「ブラックリスト」として扱われる事になりますので、クレジットカード以外の金融商品における審査ではかなり不利になります。

但し、金融事故情報は借金返済完了から5~10年で記録が抹消されますので、ブラックリストの人は永久にクレジットカードが作れないという訳ではありません。

借金があってもクレジットカードの審査に通過できるケース

借金がある場合はクレジットカードが作れないという訳ではありません。むしろ借金がある場合でもクレジットカードに通過できる可能性は十分にあります。

特に、借金の状況が以下のようなケースである場合は、クレジットカードの審査に通過できる可能性は高くなります。

借入総額が年収の3分の1以下である

貸金業者が提供しているカードローンなどの商品には、総量規制と呼ばれる制約が適用されており、年収の3分の1以上の融資を受ける事ができません。

一方、クレジットカードのメイン機能であるショッピング枠は、「お金を借りる」のではなく、「お金を立て替えてもらう」という仕組みである事から貸金とはならず、総量規制の対象外となっています。

ただ、総量規制が目安となっているのは事実で、年収3分の1以上の借入がある人は貸し倒れのリスクが高いと判断される為、クレジットカードの審査に通る確率は極めて低いものとなります。

逆に年収3分の1以下で借金を抑えている人は、クレジットカードの審査に通過できる可能性がでてきます。

返済を61日以上または3ヶ月以上遅延した事がない

どんなに借金が少ない人であっても、他社の借金返済に61日以上、または3ヶ月以上の遅延があった場合は個人信用情報機関にブラックリストとして登録されますので、クレジットカードの審査に通過できる可能性は極めて低くなります。

61日以上と3ヶ月以上のどちらがブラックリストの基準になるのかは、その人の借入総額や遅延時の連絡の有無、事情や対応の誠実さによって決まります。

なお、遅延の情報は数日程度であればブラックリストに登録される事はありませんが、遅延したという情報は登録されます。

その為、遅延した場合は、その遅延期間に関わらずクレジットカードの審査に影響しますので注意して下さい。

借金がある人がクレジットカードを作れるかはカードの種類次第でもある

信用情報機関にブラックリストとして登録されている場合や、借金の総額が年収の3分の1を超えるような場合においては、どのクレジットカードでも審査落ちする可能性は極めて高いと言えます。

ただ、そういった事情が無く、借金があるという人がクレジットカードを発行できるかどうかは、カードの種類次第という部分があるのも事実です。

例えば、大衆向けの流通系クレジットカードは、契約者を多く獲得する事を目的に学生や主婦まで申し込みを可能としており、比較的審査は甘いとされていますので、借金がある方でも審査に通る確率は高くなります。

一方でステータスカードとも言われている外資系クレジットカード「アメリカン・エキスプレス・カード」などは、サービスの豊富さなどで審査基準が厳しく設定されている傾向にあります。

その為、借金があるけどクレジットカードを作りたいという人は、自分の借金状況を確認したうえで、どのクレジットカードを作るかも重視してみると良いでしょう。

とにかくクレジットカードが欲しい!絶対に審査通過したい方が取るべき行動4選

  • あなたの借金体験買取ります!

オススメの記事