銀行カードローンは即日融資できない?自動契約機は即日融資できる?

2018年より銀行カードローンの審査方法に変更が加えられ、審査が厳格化されてしまった事をご存知でしょうか?
この審査の厳格化により、銀行カードローンの公式ホームページから「即日融資可能」という文字が消え去ってしまったのですが、実際のところはどうなのでしょうか?今回はその点について解説していきます。

銀行カードローンの審査が厳格化した理由

銀行カードローンの審査が厳格化した理由には、様々なものが挙げられますが、主な理由としては以下2つの問題が大きく関係しています。

銀行がお金を貸しすぎ

消費者金融などの貸金業者が提供するカードローンには、申込者本人の年収3分の1までしか融資できないという制限「総量規制」が設けられているのですが、これは貸金業法が適用されている貸金業者のカードローンに限った制限であり、貸金業者ではない銀行カードローンには適用されていません。

その為、年収以上のお金を銀行から借りる人も少なくはなく、それが原因で多重債務や遅延、滞納、自己破産者が増加しました。
この問題点の対策として持ち上げられたのが、銀行カードローン審査の厳格化です。

反社会勢力の貸付問題

銀行カードローンに限らず、各金融機関は暴力団、またはそれに関係する者に対して融資する事を一切禁止しています。
しかし、2013年には某メガバンク(大手銀行)が反社会勢力である暴力団関係者へ融資した問題が発覚しました。

実際に審査を担当したのは提携先の信販会社でしたが、結果としては銀行がお金を融資してしまった為、銀行の不祥事として取り扱われてしまい、世間からは激しく批難される事となりました。
この不祥事をきっかけに、銀行側は反社会勢力への融資防止策として審査を厳格化した背景があります。

銀行カードローンは即日審査できなくなった?

先述した銀行の過剰貸付や反社会勢力への融資問題がきっかけで審査が厳格化した事により、銀行カードローンの即日融資が出来なくなってしまったのは事実です。
これは、銀行カードローンの審査項目に警察庁データベースの照会を取り入れた為です。

警察庁データベースの照会を取り入れる事により、高確率で暴力団関係の申込者を審査段階で排除する事ができるのですが、その一方で審査スピードが大幅に遅くなってしまうという問題があります。その審査スピードは速い場合でも翌営業日、長い場合だと2週間以上回答までに時間を要する事があります。

自動契約機でも即日融資は不可

自動契約機とは、カードローンの申し込みから発行までの手続きを行える機械の事を言います。
自動契約機自体にカード発行機が付属している為、審査が完了すればすぐさまカードを受け取る事ができ、即日融資が可能となっていました。
銀行でも自動契約機を導入している企業が存在していますが、2018年以降は自動契約機であっても銀行では即日で融資を受ける事はできません。

先述した通り、即日融資が不可能となったのは審査に警察庁データベースの照会が取り入れられた為であり、これは自動契約機からの申し込みであっても同様に行われます。
これまでは自動契約機であれば銀行カードローンの即日融資を受けられる可能性が極めて高かったのですが、現在はそれが不可能な状態となっていますので注意が必要です。

審査の厳格化による影響は融資スピードだけじゃない?

銀行カードローンの過剰貸付によって自己破産者が増えた事により、日弁連(日本弁護士連合会)は「総量規制の趣旨を踏まえて、銀行の貸付も年収の3分の1以下に抑えるように審査体制を構築すべき」といった旨の意見書を平成28年9月16日付に発表しました。

この発表により、銀行カードローンでもいずれは総量規制を超えての融資ができなくなる可能性もでてきています。
また、意見書を受けた全国銀行協会は、債務者本人へ追加融資の停止を申し出るといった銀行自らが融資を制限する動きも確認されています。

即日融資ができるのは消費者金融のカードローンだけ

審査の厳格化により、現在は銀行カードローンの即日融資を受ける事ができません。
但し、審査の厳格化が実施されたからといって、銀行カードローンの金利や限度額の設定が変わったという訳ではありません。

即日融資はできませんが、低金利や限度額の幅広さなどのメリットはそのままです。
一方、消費者金融が提供するカードローンはこれまでと変わりなく即日融資が可能となっていますので、急いでいる方でも対応してもらう事が可能です。

どうしても本日中にまとまったお金が必要という方は、消費者金融のカードローンを選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

  • あなたの借金体験買取ります!

今すぐ借金問題を解決したい人はスペシャリストを探す

エリア

オススメの記事