学生・専業主婦でも銀行や消費者金融のカードローンは利用できる?

学生や専業主婦であっても、お金が必要となってしまうケースは数多く存在します。

そんな時に銀行や消費者金融が提供するカードローンが利用できれば便利なのですが、学生や専業主婦という属性から、カードローンは利用できないのでは?と考える人も少なくはないでしょう。

しかし、実は学生や専業主婦が絶対にカードローンを利用できないという訳ではありません。

今回はその点について解説していきたいと思います。

20歳以上で収入があれば学生でもカードローンが作れる

銀行や消費者金融が提供しているカードローンの多くは「満20歳以上で安定した収入」がある事を申込条件としています。

「安定した収入」と言われれば、毎月ある程度の収入が入ってくる正社員や公務員じゃなきゃ利用できないとイメージしてしまいがちですが、実はアルバイトであっても毎月数万円程度の収入があればカードローンを作る事が可能です。

但し、銀行カードローンの場合は金利が低い分、審査は厳しめに設定されている傾向にあり、銀行によっては親権者の同意が必要となる場合もあります。

その為、学生がカードローンを作る場合は、比較的審査が緩めに設定されており、親の同意も不要、学生との契約実績も数多く持っている消費者金融のカードローンが推奨されています。

未成年の学生は「学生ローン」という選択もあり

学生ローンとは、銀行や消費者金融では融資対象としていない20歳未満の学生でも利用する事ができる消費者金融の事を言い、高校生を除く満18歳以上の学生が利用できます。

その為、カードローンは利用したいけど、年齢の関係で利用する事ができないという学生の方は、学生ローンという選択肢もあります。

但し、学生ローンは消費者金融なので貸金業法の総量規制が適用され、アルバイト収入が無ければ利用する事はできません。

なお、総量規制とは、年収の3分の1までしか貸付できないという規制の事を言います。

また、学生ローンは限度額を50万円、未成年の場合は10万円ほどまでに抑えているのが一般的となっています。

学生が作れるクレジットカードの特徴と審査基準を徹底解説

銀行カードローンなら専業主婦でも契約可能

本人に収入がない専業主婦は、総量規制が適用される消費者金融や信販会社のカードローンを契約する事ができません。

但し、銀行カードローンであれば総量規制の対象外となる為、専業主婦でも契約する事が可能です。

なお、銀行カードローンが総量規制の対象外となっているのは、適用されている法律が貸金業者とは異なる為です。

銀行の場合は銀行法と呼ばれる法律が適用されており、貸金業法の総量規制は対象になりません。

一部例外を除けば専業主婦でも消費者金融のカードローンが作れる

消費者金融や信販会社といった貸金業者のカードローンは、貸金業法の総量規制が適用される為、本人に収入のない専業主婦は契約する事ができません。

但し、配偶者貸付を実施している消費者金融においては、専業主婦でもカードローンを利用する事が可能です。

配偶者貸付とは、総量規制の例外として、配偶者と合算した年収の3分の1までを借入できるという制度です。

専業主婦がカードローンを作る際に生じるデメリット

本人に収入のない専業主婦が、配偶者の収入を頼って銀行や消費者金融のカードローンを契約する場合、一般の契約とは異なったデメリットが発生する可能性があります。

そのデメリットは以下の通りです。

配偶者の同意が必須

配偶者貸付のカードローンも総量規制対象外の銀行カードローンも、配偶者に安定した収入がある事が絶対条件となっています。

その為、専業主婦が銀行や消費者金融のカードローンを契約する場合は、配偶者の同意書が必要となり、内緒で借りる事ができません。

また、場合によっては配偶者の収入を証明する書類(給与明細など)が必要とる事があるため、配偶者側にも少し手間がかかってしまうというデメリットがあります。

高額な融資は受けられない

配偶者貸付であれば、配偶者の年収3分の1までの限度額でカードローンを契約する事ができますが、実際はそこまでの限度額で契約する事はできません。

銀行カードローンでもこれは同じことが言えます。

例え1,000万円まで借入可能としているカードローンがあったとしても、専業主婦の場合は10万円、多い場合でも50万円までしか借入することができないのが一般的です。

学生でも専業主婦でもカードローンは利用可能だが…

条件などはあるものの、結果としては収入が少ない学生や、収入のない専業主婦でも銀行や消費者金融のカードローンを契約する事が可能です。

但し、これは収入が安定していないのにカードローンを契約するという事になりますので、最終的には返済不能に陥る可能性が高まるというリスクもあります。

その為、学生や専業主婦がカードローンを契約する場合は、しっかりと使用用途を明確にし、それ以外には絶対に使わないという意思を持ち、継続的に返済できる計画を立てておいてから契約するようにしましょう。

  • あなたの借金体験買取ります!

今すぐ借金問題を解決したい人はスペシャリストを探す

エリア

オススメの記事