あっと言う間に450万!見栄とダメなお金の管理で借金まみれ

義母は不動産登記を渡してはくれなかった

私と妻、上2人の娘と4人で探し回った登記は思わぬ場所で見つかりました。
それは義理の母の部屋でした。我が家は妻の両親と同居で、家中を探し回っても見つからないため、仕方なく義理の母に聞いてみる事に。

その時点での経済状況を考えると、登記の使い道など言わなくてもわかってしまう状態でした。
出来る事なら両親には黙って隠したまま手続きをしてしまいたかった私は、母に聞くことはできる限り避けたいと思っていました。
しかしこのままでは手続きは進まず、差し押さえられてしまうのはわかっていたので仕方ありませんでした。

探していたのが夜も遅かったため、既に母は就寝しており、寝ているところを子供が起こしに行き、私が話す、という形で聞きました。
結論から言うと私の借金の事を妻から聞いており、法律事務所に相談をしたら登記だけは渡さないようにアドバイスを受けていたとのこと。

こちらの考えている事はお見通しだったようで、母は登記を渡してはくれませんでした。
その代わり、その年に滞納している税金約50万円を貸してくれることになり、とりあえずは事なきを得たのです。
あまりの情けなさに呆然としたのは言うまでもありません。

その場で深々と頭を下げ謝罪と感謝を述べ、今後不動産を担保にお金を借りることはしない事を約束しました。

「自慢のパパだったの。」
その時の母の言葉は今も強く心に残っています。

窮状のなか義母が癌に

急場は凌いだものの、毎月の支払いは増える一方で借りる事も難しくなり、にっちもさっちもいかなくなってしまいました。
どうにもならない状況にもめげることなく毎日の仕事は継続していましたが収入は本業で60万、副業で1万5千円程度。

そんな中感謝してもしきれない、義理の母の大病が見つかったのです。
ある日母が買い物から帰ってきた際、家の前で転倒してしまったらしく、その時に腰と首を痛めたと聞きました。

数日経っても治らなかったため、整形外科を受診。
レントゲンを撮った際、異常が見られなかったことから精密検査を受けた方がいいとの医者の判断があり、後日精密検査を受けたところ末期がんとの診断を受けました。

母は健康に対する意識が強くお酒も飲まず、タバコも一切吸ったことが無く家の近くで畑を借りては自分で野菜を栽培し、野菜中心の食生活を送り、近年では運動不足を解消するためフィットネスクラブにも足繁く通う、とにかく健康オタクのような人です。

「まさか」の一言で皆驚きました。
妻は精神的に病み、パートも休むようになり、義理の父もお酒が増え、家庭内の状態はそれはひどいモノになってしまいました。
それでも私は副業に専念するため、別居生活を続けていました。
とにかく状況を打開したい一心で努力しましたが報われず、遅れがちの支払いで家に電話が良くことが増えてきました。

万事休す。

これ以上妻や義父に嫌な思いをさせるわけにはいかないと、任意整理を検討し始める事になったのです。

任意整理という選択

気が付くと借金は総額で450万円まで膨れ上がり、月々の返済額は12万を超えていました。
それでも遅れながらもギリギリやってこれたのは、60万円を超える収入があったからですが、毎月の12万円の返済額が重くのしかかり、どう切り詰めても赤字が消えず、副収入も伸び悩んでいたため「毎月の返済金額を減らす」という方法以外、この窮地を乗り越える方法はありませんでした。

任意整理とは債務整理のひとつで、司法書士の方に直接消費者金融などの貸し手側に交渉してもらい、利子の支払いをゼロにして元金のみを長期間にわたって返済していく事の出来る手続きです。

デメリットは個人信用情報機関に事故情報が載り、支払い期間+5年間はその情報が消えないため一切のローンが組めない事です。
一般的には8年から10年間、クレジットカードなども含めたローンが組めなくなります。

しかしその期間が過ぎれば事故情報は削除されるため、以前と同じようにローンが組めるようになります。
一般的に言われる「ブラックリストに載る」とはこの事です。

私自身、抵抗はあるものの、これまでの行いを顧みたとき、「ローンは組めない方が自分や家族のためになるのではないか」と考えました。
現時点で所有している家や車を失うこともないのが任意整理なので、これから地に足をつけて一からやり直すつもりで、私は恥ずかしながら、任意整理という道を選んだのでした。

私には任意整理のデメリットは無かった

実際に任意整理をしたことで、月々の支払いを5万円減らす事に成功しました。
個人再生や自己破産と違い、家や車を失うことが無い分、月々の返済は滞ることなくしなければなりません。

債務整理って?4種類の違いとメリット、デメリット

任意整理のおかげで月々の返済額は12万円から7万円に減らすことができました。
しかしそれでも生活はギリギリでした。

ローンが組めなくなる事で、自業自得ですが「なんでこんなことに」などと気持ちが落ち込みました。
仕事に対しても少し投げやりになりかけたりもしました。

とは言え任意整理をして悪かった点となると、全くありません。
強いて言うなら「いつでも引き出せる他人のお金」が無くなったことによる不安感程度のものでした。
しかしこれも、それを不安に感じる事自体がおかしいわけですから、すぐに解消されました。

任意整理のメリット

いつでも引き出せる他人のお金を失ったことによる不安感はありましたが、同時に安心感もありました。
これ以上借金を増やす事は出来なくなったためです。

私のような浪費癖のある人間には「ちょうどいい」くらいに思っていました。
車や家を失うこともなく、妻や子供に直接迷惑をかけることもせずに支払いを減らす事が出来たわけですから、私にとって任意整理は良い事しかないと言うのが正直な感想です。

お金の管理が計画的になった

社会人の基本中の基本と言われればそれまでですが、計画的なお金の使い方が出来なかったためにこれだけの借金を背負うことに繋がりました。
個人的には借金に苦しんでいる方の多くは私と似たようなタイプが多いのではないかと想像できます。

借り入れも一切できず、手持ちの現金で生活していかなければならないわけですから、必然的に計画通りにお金を使うようになりました。

これからの長い人生においてこの経験を糧に、社会人としてしっかり成長しなければと、密かに決意することが出来たことも、良かった点だと言えます。

任意整理を選んだワケ

任意整理という言葉は、債務整理や自己破産も視野に、ネットで調べているうちに知りました。
任意整理も自己破産も、債務整理のうちのひとつで、大きな違いは、任意整理の場合借金は残るが財産も残る。
自己破産は借金は無くなるが財産も無くなる、というところです。

私が任意整理を選択した理由は他でもない、住宅を所有していたためです。
妻と4人の子供と妻の両親が暮らす、中古ながら7DKの一軒家です。
これを手放すわけにはいかない事が最大の理由でした。

さらには車も3台所有しており、これらは仕事にも生活にも欠かせないものなので、任意整理を「選んだ」というより任意整理しか「選べなかった」というのが現実でした。

任意整理の手順

ネットで調べているうちに行きついたのが、「三つ葉グループ」という司法書士法人グループでした。
簡単にフォームの入力だけで手続きに進むことができ、驚くほどスムーズに手続きに移ることが出来ました。

フォーム入力が夜間でしたので、翌日の午前中に電話連絡にて直接オフィスに出向いての面談か、LINEのビデオ通話による面談かを選択。
私は東京のオフィスが比較的近かったため直接オフィスにて面談をしていただきました。

約束の日にオフィスに出向くと担当の司法書士の方が対応して下さり、実際の借り入れ状況や収入状況などの確認、任意整理の概要や個人再生の説明などを、丁寧に時間をかけて説明して下さり、安心して手続きに進むことが出来ました。

2時間ほどの面談の際に契約書を記入し、その場で手続きが完了。

その後の消費者金融やなどの貸し手側からの電話が来た場合の対処法なども細かく教えていただき、不安な事は全くない状態で、あっという間に心のつかえが取れました。

任意整理にかかる費用の支払い方法

司法書士にお願いするわけですから当然お金はかかります。
しかしお金がなくて相談しに行っているわけですから、リアルな経済状況をよく感考えた上で提案をしてくれます。
司法書士費用については、「貸し手側への交渉」にお金を払うイメージです。

私がお世話になっている三つ葉グループでは、1社の交渉につき5万円。
なので3社の借り入れを整理する場合15万円という費用がかかります。

しかし心配には及びません。
手続きが終わると対象の債権者(銀行や消費者金融など)への支払いを半年間ストップし、その半年間で司法書士費用を支払います。

3社の整理の場合15万円なので150000÷6か月=25,000円。

この場合半年間の間、司法書士へ月々25000円を半年間支払います。
その後、債権者への支払いを再開する形になります。
再開する際の支払金額についてはこれまで毎月払ってきた利子の支払いが無くなり、なおかつ予定よりも長期間での返済が可能です。

このような流れで私は今も、本業、副業と努力を重ねながら任意整理の支払いの真っただ中におります。
最大の窮地を救ってくれた任意整理。しっかりと稼いで早期返済を目指します。

1 2 3
  • あなたの借金体験買取ります!

今すぐ借金問題を解決したい人はスペシャリストを探す

エリア

オススメの記事