自己破産しちゃった!またクレジットカードを作れるのは何年後?

経済的に立ちいかなくなった方が裁判所に申し立てを行うことで、債務を免除してもらう自己破産ですが、一度この手続きを行ってしまうと一定期間クレジットカードが作れなくなってしまいます。
そこで、自己破産後にクレジットカードを再び作れるのは5年後ということについて詳しく紹介していきます。
あらかじめクレジットカードが作れないということを知っておくことで、今後の生活に活かすことができるでしょう。

自己破産をするとクレジットカードが作れなくなるのはなぜ?

借金を返済することができなくなった債務者が自己破産をすることで、クレジットカードが一定期間にわたって作れなくなってしまいます。
その理由には、自己破産をすることで「JICC(日本信用情報機構)」、「CIC(指定信用情報機関)」、「KSC(全国銀行個人信用情報センター)」などの信用情報機関へ事実が登録されてしまうからです。

ただし、あくまでもこの信用情報は、人種や思想、保険医療、犯罪歴といった項目は一切含まれることはありません。
今回ご紹介する自己破産をはじめ、クレジットカードやローン等の申し込みや契約に関する情報が登録されます。

そして、これらの信用情報機関と提携しているクレジットカード会社やローン会社などは、新規の申込者を審査するために前述の各機関に情報の照会をするのです。
その場合、信用情報から自己破産の登録内容が送られていますので、「自己破産をしているので、返済能力がない」とみなされてしまい、クレジットカードの審査に落ちてしまうといったことになるでしょう。

自己破産前に持っていたクレジットカードはどうなるの?

結論から申し上げますと、自己破産前に持っていたカードは使用できません。
たとえリボ払いの最中であった場合でも、自己破産の申し立てを行った時点で裁判所からカード会社へ連絡がいきますので、クレジットカードは使うことができなくなってしまうでしょう。

また、ショッピング枠もキャッシング枠も利用していないクレジットカードを持ち合わせていた場合、当分は利用できるかもしれませんが、クレジットカード会社が定期的に信用情報機関に信用情報の問い合わせを行っていますので、どちらにせよ使用できなくなってしまいます。
もしくはカード更新時の信用情報チェックにより、即座に利用停止となるでしょう。

自己破産後に何年経てばクレジットカードを再び作れるの?

自己破産後にクレジットカードを作りたい場合は、一定期間待つことで再び作成することも可能です。
ただし、前述した通り自己破産後は信用情報機関に登録されてしまいますので、最低でも5年~10年はクレジットカードを作れないと心得ておきましょう。
ちなみに5年~10年といった期間に関しましては、自己破産の情報が登録されている信用情報機関によって保管期間が異なります。
そこで、以下に信用機関ごとの保管期間の違いを挙げてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • JICC(日本信用情報機構)……5年間
  • CIC(指定信用情報機関)……5年間
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)……10年間

このように、「JICC」と「CIC」が5年、「KSC」のみ最長で10年となっています。
ちなみにこの中でクレジットカード会社が多く利用している信用情報機関は、5年間の「CIC」となっていますので、基本的には5年間待てばクレジットカード会社にお申込みができると考えてもらえるといいでしょう。

自己破産後に最短でクレジットカードを作りたい場合

自己破産後に最短でクレジットカードを作りたい場合には、なるべく審査の緩いクレジットカード会社を選んで申し込むことが重要です。

数多くあるクレジットカード会社の中でも特におすすめしているのが「アメリカン・エキスプレス」になります。
「アメリカン・エキスプレス」では、外資系企業だけあって審査基準が他社と比べると異なる点が多く、主に年収を重要視して審査しているようです。

さらに、過去に自己破産をしてから5年もたっていないのに「アメリカン・エキスプレス」の審査に通過したケースもあるようです。
もし自己破産後に最短でクレジットカードを作りたい場合には、「アメリカン・エキスプレス」などの審査が緩いと評判のクレジットカード会社に申し込まれてみてはいかがでしょうか?

ただし、あくまでも基本は5年以上の経過が必要といわれていますので、年収や勤続年収に自信がない方は他の方法を考えた方がいいかもしれません。

審査に通りやすくなるポイント

ここでは自己破産後の一定期間が経過した後、審査に通りやすくなるポイントをいくつかご紹介していきます。

短期間に複数のクレジットカードを申し込まない

短期間に複数のクレジットカード、カードローン、キャッシングを申し込んでしまうと、「申し込みブラック」と呼ばれるものへ登録されてしまします。
「申し込みブラック」と信用情報機関へ登録されてしまえば、せっかく自己破産の記録が消えたのに再度クレジットカードを作れなくなってしまう可能性があります。

一般的に1ヵ月間に3枚以上のお申込みで「申し込みブラック」へ登録されてしまうといわれていますので、十分に気を付けておきましょう。

キャッシング枠を付けない

もしもの時のためにクレジットカードにキャッシング枠を付ける方も多く見受けられますが、キャッシング枠を付けると審査が厳しくなるので気をつけたいところです。

自己破産後、初めてのクレジットカードお申込みの場合には、なるべくキャッシング枠を外して申し込むようにしましょう。
また、総量規制と呼ばれる「年収の3分の1以上のお金は貸金業者から借り入れることができない」といった法律もありますので、こちらを超えないことも意識しておいてくださいね。

申込書の誤字脱字に注意する

申込書の誤字脱字にも注意が必要です。あまりにも誤字脱字が多いと、あなたの信用を失ってしまいかねません。また、審査に引っかかる原因としましても、申込書の不備や未記入が1番多いともいわれていますので、十分に注意が必要です。

固定電話を置く

固定電話を置くことで、クレジットカード会社からの信用が一段と上がることでしょう。
信頼性の面では、携帯電話よりも固定電話の方が高いので、余裕があれば固定電話を設置してから申込を行ってください。

自己破産後のクレジットカード代替案

自己破産後にどうしてもクレジットカードを作りたいが、まだ年数が足りないといった場合には、他の方法で代わりになるものを作るといいでしょう。
そんなクレジットカード代替案には、以下のようなものが挙げられます。

家族カード

家族カードとは、クレジットカードの所有者である本会員の家族が使うことのできる追加のクレジットカードです。
家族カードの決済方法などは、一般のクレジットカードと何ら変わりはないのですが、支払いだけはまとめてクレジットカードの所有者に請求がいきますので、自己破産した方でも持つことが可能です。
もし家族にクレジットカードをもっている方がいるのであれば、家族カードをお願いしてみるのが1番の近道かもしれません。

デビットカード

デビットカードとは、カードのご利用と同時にお支払い口座からご利用代金が引き落とされる仕組みのものとなっています。
お支払い口座にお買い物と同時に引き落とされる金額がない場合、利用できない仕組みになっていますので、信用がなくても作ることができます。
たとえ自己破産していたとしてもデビットカードに信用情報は必要ありませんので、こちらをクレジットカードの代わりに使用するのもおすすめです。

プリペイドカード

プリペイドカードとは、利用者があらかじめカードに現金をチャージすることで、その範囲内でクレジットカードと同じように利用することができるカードです。
あらかじめ入金した金額した利用することができませんので、使い過ぎが心配といった方にもおすすめですし、自己破産の方でも申し込むことが可能です。

自己破産後にクレジットカードを申込む場合の注意点

自己破産後にクレジットカードを申し込む場合の注意点として、もし審査に通った場合には再度自己破産することがないよう気を付けておきましょう。
自己破産をした方の中には、簡単に免責を得られたからといって再度自己破産を行ってしまう方も少なからずいらっしゃるようです。

このような無駄なことを繰り返していると、いつか取り返しのつかないことにもなりかねませんので、自己破産後は社会的信用を取り戻すように心掛けてください。
そして二度と自己破産をすることがないように、身分相応な生活を送ってくださいね。

  • あなたの借金体験買取ります!

オススメの記事