【実録】クレジットカードのキャッシング枠を現金化して借金地獄へ

【体験者のプロフィール】

  • 性別:男性
  • 職業:会社員
  • 年齢:30代半ば
  • 居住地:東京都
  • 借金:870万円
  • 対応方法:任意整理

パチンコから始まった借金地獄

学生時代は野球に打ち込み、大学は関西の有名私学に推薦で入学するなど借金とは無縁の人生を歩んでいました。

社会人1年目の休日に地元の友人と興味本位でパチンコ店に行ったことがきっかけで、私の借金人生が始まりました。
初めてパチンコに行ったあの日、エヴァンゲリオンの台に座り、訳も分からないうちに大当たりが続き、なんと3万円も勝ったのです。社会人になって趣味がなかった私は、それから暇さえあればパチンコ屋に行くようになりました。

クレジットカードでキャッシング

会社帰りや休みの日など仕事以外の時間をパチンコに費やすようになると、だんだんと負けが込むようになってきました。
手元から現金がなくなった私は、クレジットカードでキャッシングができることを知り、コンビニのATMで初めての借金をしました。初めは1万円だったと思います。「パチンコで勝ったら返せばいいや」と楽観的に考えていたこともあり、ここからはどんどん借金が膨らんでいきました。

クレジットカードのショッピング枠を現金化

キャッシング枠がなくなり、ついに消費者金融にまで手を出し、消費者金融の限度額がいっぱいになると、今度はクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法を調べて、手元に現金を作り出すようになります。

仕事だけは真面目にしていたこともあり、お金を借りられる枠はどんどん増えていきました。
一度は銀行のおまとめローンで借金を返済したこともありましたが、結局また限度額いっぱいまで借金をするということを繰り返し、月々の借金返済額は20万円を超えるようになりました。 それでも私はギャンブルをやめることができませんでした。

他のギャンブルにも手を出し始めた

この間に結婚をしてパチンコ店に行ける機会が少なくなりましたが、代わりにインターネットで競馬や競輪をするようになっていました。有り金は全てギャンブルに突っ込んでいたと言っても過言ではありません。

「まだ借りられる」が通用しなくなった

借りては返済する自転車操業を繰り返してきた30歳手前の私に「お金を借りられなくなる時」が訪れました。
クレジットカードはショッピング、キャッシング共に限度額上限に達して、消費者金融の枠もいっぱいとなり、銀行のカードローンの上限アップの審査に落ち、さらには新規の借り入れまで停止される始末。
借金の返済日が近づき、「とにかくどうにかしなければ」と思いインターネットで方法を調べていたときに「任意整理」の広告が出てきたのです。

任意整理して知った借金の総額

任意整理を広告で見た私は藁にもすがる思いで司法書士事務所に電話をして、翌日に面談してもらうことになりました。
親身になって話を聞いてもらい、気持ちが楽になったことを覚えています。

司法書士は140万円までしか扱えない

「債務整理には任意整理、個人再生、自己破産がある」や「司法書士と弁護士では扱える金額に違いがある」など細かく教えてもらうことができました。私は140万円以上の借金がある会社もあったので、弁護士事務所にも依頼しなければならないことがわかりました。司法書士は140万円までの借金しか扱うことができないからです。

面談をした司法書士事務所から弁護士事務所を紹介してもらうことができました。 任意整理することを決心した私は即日に司法書士事務所と弁護士事務所の両方に依頼しました。

督促の停止と和解成立

その後はほとんどお任せといった感じで、債権者から直接電話が掛かってきたり、督促状が届いたりといったことはありませんでした。数ヶ月後に司法書士事務所と弁護士事務所から電話が掛かってきて「和解が成立しました。」と聞いた時は、心からホッとしたことを今でも覚えてきます。

 

和解状を入手し、借金の総額を見て愕然としました。なんと総額は約870万円だったのです。
総額には驚きましたが、毎月の返済額は約10万円に圧縮でき、何とか返済できる目途がたちました。お世話になった司法書士事務所、弁護士事務所の先生には感謝しかありません。

人生はやり直すことができる!

ギャンブルにハマり、莫大な借金を抱えてしまい、お金だけではなく私は妻の信用も失ってしまいました。本来であれば離婚になっても全く不思議ではないですが、今も一緒に暮らしてくれています。
それは「自分の力で借金を返済する」と宣言した私の言葉を信じてくれたからです。会社の給料は全て家に入れるようにして、副業で借金の返済分をまかなっています。

総額870万円だった借金は任意整理をして約3年が経った今、残額は約530万円となりました。まだまだ完済までの道のりは長いですが、コツコツ副業を続けて340万円を返すことができ、自信となっています。

借金の問題は家族や友人に打ち明けにくいものです。しかし、打ち明けられない間に事態はどんどん悪化してしまいます。
借金があり、返済に困っている人は一刻も早く任意整理をはじめとする債務整理を検討した方が良いでしょう。
任意整理であれば、家族に借金を秘密にしたまま進めることもできます。任意整理をしても新たな借金やクレジットカードが作れなくなるだけで生活はほとんど変わりません。逆に新たな借金ができないことはメリットになるとも言えます。

私は借金が莫大になってから任意整理をしましたが、今は幸せに生活できています。
これも任意整理をしたおかげです。借金はしないに越したことはありませんが、借金があっても人生終わりではありません。
いつでもやり直すことができます。

オススメの記事

よく読まれている記事

アイマスのソシャゲ課金で500万にも膨れた借金を抱えた31歳

アイマスのソシャゲ課金で500万にも膨れた借金を抱えた31歳

ソシャゲについて語る前に、僕のプロフィールを見てください。 【体験者のプロフィール】 性別:男性 職業:営業(不動産) 月収:手取り22~25...
ギャンブル依存症で借金700万円 キャッシング枠を売却した36歳

ギャンブル依存症で借金700万円 キャッシング枠を売却した36歳

【体験者のプロフィール】 性別:男性 職業:会社員 年齢:36歳 借金 : 700万円 ビギナーズラックがその後の人生を狂わせる ...
リボ払い・借金は全額返済しなくてもOK?カード会社が教えない借金減額の方法

リボ払い・借金は全額返済しなくてもOK?カード会社が教えない借金減額の方法

突然ですが、知っていますか?? 実は、「カード会社が教えない借金減額方法」があるということを?? ある方法を使えば、合法的に借金を減額できる可能性があるんで...
借金を完済したら完済証明書って必要なの?どうやって発行するの?

借金を完済したら完済証明書って必要なの?どうやって発行するの?

完済証明書は主に銀行からの融資、クレジットやキャッシングでの借金を完済したときに発行されます。 完済しても発行されないこともあり、借金したことがある人でも知ら...
50代無趣味の独身男がキャバクラで借金して破産寸前になった話

50代無趣味の独身男がキャバクラで借金して破産寸前になった話

 【体験者のプロフィール】 性 別:男 職業:サラリーマン 年齢:50歳 借金:300万 対応方法:任意整理 50歳独身男がキャバ...