見栄のためにクレジットカードで借金600万円抱えた男の転機とは

【私のプロフィール】

  • 性別:男性
  • 職業:事務職
  • 年収:600万円
  • 年齢:35歳
  • 居住地:大阪府
  • 借金:640万円※2020年10月時点
  • 対処方法:借換ローン及び自力返済

アルコールと見栄が借金のきっかけ

私は幼少期から自分に自信がなく、大学生の頃そんな自分を打破したいと強く思うようになりました。
そんな折、大学1年生の新入生歓迎コンパで自分が意外にも酒を飲める体質だと分かりました。
そして酔っ払うとコミュニケーション能力がアップして、周囲を楽しませることができるキャラクターであると知ったのです。
その時、私は「これだ!」と思いました。
つまり、アルコールを注入すれば、自分が目立てるようになり、自信を持つことができるのです。
それ以降、飲み会に誘われたら必ず参加するし、自分から飲み会を企画ようにもなりました。

出費の増える飲み会で形成された人格

しかし、飲み会の件数が増えれば当たり前ですが、出費も増えるわけです。
アルバイト収入の大半は飲み代で消えていったので、給料日直前になると手持ち金はほぼ無し。
それでも飲み会には参加したい。
ここで思いとどまり「金欠だから、今日の飲み会は不参加です。」と回答すれば、借金とは無縁の人生を送ることができたでしょうが…
飲み会で目立ちたいという欲求に負けて、友人から飲み代を立て替えてもらったり、親にからの仕送り使い込んだりまでして参加していました。こうしてだらしない人格が形成されていったのです。

大学の後輩にも奢った

さらに、大学3年生になった頃から後輩と飲む機会が増えました。金払いの良い先輩に見られたいという見栄から、金欠にも関わらず、後輩に飲み代を奢るようになりました。
こうして、大学の4年間で借金体質の土台が私の中で築かれたのです。
ただし、大学生の頃は親からの仕送りに助けてもらえたので、クレジットカード会社や消費者金融から借金をすることはありませんでした。

社会人になり朝まで飲むことも

社会人になると、何かとストレスが溜まるようになりました。
同期と仕事終わりに飲みに行き、そこで普段のうっ憤を晴らすようになりました。
終電時刻が近づくにつれ、一人また一人と家路に着くのですが、私は誰か一人でも朝まで飲みたいという同期がいれば、絶対に付き合いました。
居酒屋を2件ぐらい、はしごした後、カラオケで始発電車の発車時刻までビールを飲みながら歌い、2万円程度の支出になる日もありました。


このような週末を毎週繰り返すので、飲み代だけで毎月10万円以上を浪費するようになりました。

クレジットカードに頼るように

もちろん、他に生活費がかかるわけですから、給料だけでは飲み代を捻出できなくなり、クレジットカードを利用するようになりました。
毎月のように、給料以上の支出をしてしまうので、お金が足りなくなってクレジットカードに頼る生活が続きました。
次第にカード利用残高は膨らみ続けて、借入上限額に到達。しかし私はライフスタイルを改めず、気づけば2枚目、3枚目と手持ちのクレジットカードの枚数は増えていきました。
30歳になった頃には、借金は300万円に到達しそうな勢いでした。
借金の内容については下の画像の通りです。

給料は借金返済に消えた

いわゆる多重債務者となった私は、給料の大部分は借金返済で消えます。
手取り給料約20万円のうち借金返済額は約8万円。

減らない元本

そのうち利息分が約3万円ですので、元本は約5万円しか減らないわけです。
そこから残ったお金で生活しなければならないのですが、ノリの良いキャラを堅持していた私は借金の返済は度外視し、飲み会に参加し続けたのです。
すると、飲み代を捻出するために再び借金をするという悪循環に陥りました。
まさに自転車操業状態であったため、私は強いストレスを感じていました。
そんな私の苦しんでいる姿から、同期は私が金に困っていることを見抜き、なんと約300万円の借金を無利子で立て替えてくれることになりました。
この時は本当に感謝したのと同時に、立替金を受け取った際に提示した返済計画を遵守することを心に誓いました。
その後、借入残高は約200万円までは順調に返済できていましたが、そんな時に運命の出会いをしてしまうのです。
それが現在の嫁となるベトナム人女性でした。

ベトナム人女性との出会い

ベトナム旅行した際に、日本語を話せるベトナム人女性と知り合い、意気投合。帰国後も頻繁にLINEで連絡を取るようになり、毎月交互にお互いの国で会うという関係になりました。
そして、1年後に入籍しました。
借金を嫁に秘密にした状態で…。
もちろん、私としては2ヶ月に1回のペースでベトナムに行くので出費は増えますし、嫁が日本に来た際は見栄を張ってちょっと高めの買い物をします。
そんな生活を続けたら、当然に借金返済どころではなくなるので、再び借金地獄に陥ったのです。
借金の金額は400万円超という多重債務者です。
もちろん、同期からの借金立替金の未払い分の120万円も残っています。
詳細な借金の内訳については、下の画像の通りです。


毎月の借金返済額が約15万円で、そのうち利息分がなんと約9万円にもなったのです。
さすがに、もう無理…。
同期に借金を立て替えてもらった時とは比べ物にならないぐらい悲惨な状況です。
しかし、再び同期に頼ることはできないし、親に泣きつくことも私のプライドが許さなかったのです。
では、どうやって利息払いの地獄から抜け出したのか?

労働金庫で借り換えローンに申し込んだ

借金のせいで、今、日本で嫁との同居生活を開始すれば一瞬で破たんします。
そのため、同居開始時期を私の一存で遅らせている状況です。
早く借金をなんとかしないと…
そのためには、まず、クレジットカードや消費者金融の借入利率15~18%を下げなければ話になりませんでした。
当たり前ですが、この利率を下げることができれば利息払いは減り、借金元本に充当される金額は増えるので、借金返済のスピードは上がるわけです。
では、具体的にどうしたのかというと…
地元のろうきん(労働金庫)で借換ローンを申し込んだのです。
手堅い業種であった、私は借換ローンの審査を無事クリアでき借換ローンを実行できました。


それにより、借入利率を3.9%まで下げることに成功したので、一気に借金返済スピードが上がりました。
後は、ベトナム人嫁のためにも無駄遣いをせず、借金返済にフォーカスし続ければ借金完済できる。
そんなことを思っていたのですが…
人間、簡単に自分の弱い部分を変えられず、誘われた飲み会はこれまでと同様に参加し、しかも朝まで飲むという悪癖を直せませんでした。

自転車操業で減らない借金

そのため、再度クレジットカードを保有し、クレジットカードの借入残高は50万円超にまで膨らんでしまいました。
もちろん、ろうきんの借換ローンの方は自転車操業状態で、当初の借換ローンの借入残高から全く減っていない状況です。
そう、何一つ変わっていませんでした。

妻の一言で一念発起した

そんな時、ベトナム人嫁から…
「私は、いつになったら日本に住めるの?」
こう言われました。
私は、まさに頭を鈍器で殴られたような感覚になりました。
これではダメだ。
本当に借金問題を早期解決し、日本での同居生活を開始しないと…
今回は本当に誓ったのです。
コロナウイルスの影響で飲み会自粛ムードの後押しもありましたが、飲み会に誘われても断れるようになり、ついに借入残高が減少に転じました。
そして、下の画像が当記事執筆時点の借入残高の詳細です。

面倒くさいことをしないと借金は減らない

借金を減らすにあたり、大切なことは浪費の根源を断ち切ることです。
私の場合は、飲み会をシャットアウトすることですが、他にも大事なことがありました。
それは、面倒くさいことを自分で行うことです。
私が実践していることは、自炊と洗濯です。
自炊を徹底することで、1日の食費は500円以上減りました。
また、ワイシャツを自分で洗濯しアイロンをかけるようになり、1週間で800円の節約ができています。
こういったちょっと面倒くさいことを自分で行えば1ヶ月間で約2万円程度の節約になります。
小さな節約の継続が、借金返済のためには非常に重要だと痛感しています。

圧倒的な孤独を受け入れる

飲み会の席でアルコールの力を借り、いつの日か自信が身に付くと思っていましたが、結局、自信は身に付かず、借金が残っただけでした。
最近、飲み会の誘いを断るようになり一人の時間が増えましたが、当時の私は孤独を恐れるあまり、ノリの良いキャラを演じたり、見栄を張っていたのかなと思います。
周りの空気に流されず強い自分を持てたら、ノリの良さや見栄っ張りな性格など不要なわけです。
それが真に自信を身に付けるということなのかなと思うようになりました。
つまり、孤独を受け入れ、不要な飲み会などに参加しなかったら自然と借金返済は進んでいくと信じています。

借金問題は、なんとかなると確信している

借金完済への道筋は見えてきましたが、年収以上の借金640万円をこれから返済していくわけです。
ろうきん借換ローンの、ひと月あたりの最低返済額は借入残高に応じて変動しますが、現在の借入残高420万円だと、ひと月あたりの最低返済額は45,000円です。
この金額だとなんとか借金返済しつつ、嫁との同居生活はできるでしょうが、ろうきんの借換ローンを完済後、今度は同期からの借金を返済しなければならないので、全ての借金を完済するまで10年以上かかる計算になります。
もうダメだと思ったら、親のスネをかじるか、もしくは債務整理を利用するか、これでなんとかなると思っています。
いずれにしても、ノリの良さや見栄を張って、無理して飲み会に参加することはせず、真人間としてベトナム人嫁と円満な家庭を築きたいと思っています。

 

オススメの記事

よく読まれている記事

ギャンブル依存症で借金700万円 キャッシング枠を売却した36歳

ギャンブル依存症で借金700万円 キャッシング枠を売却した36歳

【体験者のプロフィール】 性別:男性 職業:会社員 年齢:36歳 借金 : 700万円 ビギナーズラックがその後の人生を狂わせる ...
アイマスのソシャゲ課金で500万にも膨れた借金を抱えた31歳

アイマスのソシャゲ課金で500万にも膨れた借金を抱えた31歳

ソシャゲについて語る前に、僕のプロフィールを見てください。 【体験者のプロフィール】 性別:男性 職業:営業(不動産) 月収:手取り22~25...
山里亮太に慕われる“吉本の借金王”千鳥の大悟の借金の理由とは?

山里亮太に慕われる“吉本の借金王”千鳥の大悟の借金の理由とは?

大阪で大人気だった千鳥は2012年に満を持して東京進出しました。 THE MANZAIでは3年連続で決勝に進み、最終3組にまで残りましたが、惜しくも優勝は逃し...
リボ払い・借金は全額返済しなくてもOK?カード会社が教えない借金減額の方法

リボ払い・借金は全額返済しなくてもOK?カード会社が教えない借金減額の方法

突然ですが、知っていますか?? 実は、「カード会社が教えない借金減額方法」があるということを?? ある方法を使えば、合法的に借金を減額できる可能性があるんで...
借金を完済したら完済証明書って必要なの?どうやって発行するの?

借金を完済したら完済証明書って必要なの?どうやって発行するの?

完済証明書は主に銀行からの融資、クレジットやキャッシングでの借金を完済したときに発行されます。 完済しても発行されないこともあり、借金したことがある人でも知ら...